いとうあさこさん「子供欲しい」アラフォーでDNAの叫びって言えて偉い!結婚はいつでもいいけれど出産は期限があるのです。

いとうあさこさんはバラエティやトーク番組でご活躍していて仕事面では充実しているけれど、子供がほしいってアラフォーで強く思ったらしいです。結婚相手を見つけなくちゃ!

知り合いのお医者様に言ったら、それはDNAの叫びだった言われたとか。(笑)だけど、そんなふうに軽く笑って話せて偉いな~って思います。本当は凄く苦しかったと思うから。それを乗り越えたからこそ、笑ってはなせるんですよね。

スポンサーリンク

DNAの叫びって経験したことありますか?

これを経験するってことはかなり結婚が遅い人とか、結婚していない人や結婚していても子供ができない人だからあまり大きな声では言いたくない場合が多いでしょう?いとうあさこさんだからサラっと言ってのけているけれど、共感している人多いんじゃないかしら?

子供欲しいって思っても、一人じゃ育てられないし、まず恋愛して、結婚して、なんて順序ふんでたらもう間に合わないっていうくらい焦る気持ちわかります。その焦る気持が25才でくるひともいるし、30歳位でくる人もいるし、40才で来る人もいるんだと思うのよね。

だから人によって年は違うけれど、女に生まれてきたんだから子供産みたいな~って思うのは自然なことですよね。別に全員がそう思わなくても一向にかまわないけれど、そう思っても普通でしょ?

引用元:http://www.maseki.co.jp/talent    「あぁ、だから一人はいやなんだ。」    発売予定日:2017年6月19日(月)   出版社:幻冬舎 価格:定価 1,400円+税

それがDNAの叫びって表現されていてうまい表現だと思っちゃいました。

結婚はいつでもいいけれど出産には期限があるから。

出産適齢期に結婚するとは限りませんよね。そこのところが難しいです。いとうあさこさんのおつきあいする人の条件というのが面白いです。というかもしかしたら一番純粋なのかも。

20歳代の頃の条件は、「話していて楽しいこと」、話していて楽しいっていいですよね。日常生活が楽しいってことだから。たまに行く旅行が楽しみなのではなくて每日楽しいのがいいでしょ?

そして「飲み食いの好みが合う」こと。これも納得です。食べ物の好みがあったほうが楽しさ倍増に決まっています。いとうあさこさんの当時の彼は両方とも満たしていたそうです。だから長い期間お付き合いしているんですよね。

だけど男性が「働く」ことは条件に入っていなかったというところが現在結婚していない原因になってしまいました。人格的にとても好きだったので、働いているかはどうでもいいと思っていたなんて心が広すぎます。

でも今は40歳代半ばも過ぎて好きになる相手はほぼ同世代。その相手から「俺、ニートなんだ」と言われたら嫌なので、今の第1条件は「働いている人」だとか。やっと普通の感覚になってきました、あさこさん。

お金はあるほうが出せばいいという考えや働いているかどうかフォーカスしないで人間性をみて自分と合うかどうかでお付き合いしてきたのはあさこさんが凄い純粋な方なんですね。またはご自身がお金は稼げるからそれ以外のことをパートナーに求めていらっしゃる。

どんな理由にせよ出産できる年齢には期限があるからやっぱりそれは早く意識した方がよかったです。私もまあギリギリセーフ組なので反省も込めてそう思います。

スポンサーリンク

条件なしで人を好きになることはいいこと?

条件をつけるというと、お金を持っている人とか、学歴のある人とか、そういう条件かと思うでしょう?だけど、独身の人っていうのも条件ですよね。だから人は皆、条件を付けて人を好きになって結婚しているんじゃないですか?

条件を付けないで本能のまま好きになったら、たまたまその男性が結婚していたってこともあるでしょう?独身の人っていう条件を考えるのを止めたらきっと既婚者を好きになってしまうと思うんです。

だから条件なしで人を好きになったらダメです。子供がほしいなら条件ありでさがさないとね。そして子育て中は働いていてほしいからやっぱり働いている人がいいです。

出産適齢期に子供を産んでいる人ってぼーっとしている人じゃなくてしっかりしている人なんじゃないでしょうか?

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいますよ!

いとうあさこの大学受験失敗と尾崎豊の関係とは?!なんと実家はあの松濤?!

この記事のおさらい

  • いとうあさこさんの子供がほしいって気持は共感している人多いと思います。
  • だけどDNAの叫びっておもしろい表現です。
  • 出産はちょっと前までは30才までにって言う感じだったけれど、40歳までにっていうふうに変わりつつあるのだなって思いました。
  • 出産適齢期に子供を産むには期限があることを若いうちから意識していたほうが良さそう。

いとうあつこさんいつも笑わせてくれてありがとう。これからも応援しています!

以上、「いとうあさこさん「子供欲しい」アラフォーでDNAの叫びって言えて偉い!結婚はいつでもいいけれど出産は期限があるのです。」でした!

この記事を読んだ方はこちらの記事も興味を持たれると思いますよ。
いとうあさこの大学受験失敗と尾崎豊の関係とは?!なんと実家はあの松濤?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする