あいのり桃をしたらば新掲示板で応援?!驚愕のブログコメントの事実とは?!

あいのり桃さんのことは、元のしたらば掲示板でも、したらば新掲示板でも気になるところ。したらば掲示板でなんどもアンチによって炎上していた桃さん。

したらば新掲示板ではアンチの話やあらしは無視しようというスレもあったりしてもしかして桃さんを応援しているのかな?

引用元:https://www.amazon.co.jp

あいのり桃さんのブログコメントについてはファンとの誤解やすれ違いもあったりしたみたいだけど、桃さんの気持が通じたのか、紆余曲折後落ち着いている感じさえしますね。

スポンサーリンク

そもそもしたらば掲示板って何?

したらば掲示板っていうのは2チャンネル型の掲示板で無料です。携帯・スマホ対応の国内最大級のレンタル掲示板だから大勢の人たちが使っていますね。あいのり桃はしたらば掲示板でアンチによって炎上していました。

あいのり桃を応援?!

したらばのあいのり新掲示板ではアンチの話や批判はダメというスレもあって雑談もありますね。雑談からみてもあいのり桃が気になるところは同じです。掲示板でいつも話題になっているところが桃の凄いところですね。

桃さんってどんな人?

桃の技でしょうか?たくさんのファンがいて、たくさんのアンチがいるというのは常に話題の中心になりやすいですよね。小悪魔的といわれる所以でしょう。こういう状況を作ること自体あいのり桃を応援していることに繋がっています。

桃さんは、兄妹が4人いて、次女の末っ子だそう。ということは家族の中でも人間関係を学んでいますよね。兄や姉のことをよく観察していたかもしれません。

なにしろ中学3年生までの7年間をイギリスで過ごした帰国子女ですから、日本と外国の文化の違いなんかも日常的に学んでいたと思われます。勿論英語も学んでいたでしょう。

大学は立命館大学の心理学部卒業ということで、卒論タイトルは、「恋愛感情の告白行動における第三者の重要性、及び役割」だとか。まさに実生活に役に立ちそうな論文ですね。面白いです。「あいのり」には出演して当然の人でした。

したらば、あいのり新掲示板で桃を応援?!

この心理学専攻していることや論文が恋愛に関することだということからも、どうやったら他人がどう思ってどんな行動をとるのか、という予測くらいは考えて行動しているでしょう。

そんな中でアンチではなくて桃さんのことを語る場があるということは桃さんにとって忘れ去られないためにも(?)とっても重要ですよね。

性格的には、気取っているとか、隠し事をするというのではなく、結構あけっぴろげにオープンにしていますよね。半分メークの顔をブログにアップするのも、結構勇気がいると思うんです。だって全然違うんだもの~。

目がコンプレックスで整形をしたいとか公表することも。だけどどれもプログが読まれてブログ収入アップにつながっているところが、面白いですね。炎上さえもある程度は桃さんの想定内ということかしら?

この炎上も含めて桃さんのブログを応援していることにもなるんですね!とはいえ、アンチだけが大きくならないようにアンチでない掲示板も活躍してくれると良いです。

スポンサーリンク

ブログのコメントがす凄まじくてアメブロ介入の事実

桃ブログへのコメントがあまりにも悪口が凄まじくてアメブロ側でコメント承認をきつめに設定したらしく、たまにアンチではないコメントも削除されてしまうという悲しい事も起こってしまったそう。

ファンからのコメントはとっても大切に思っている桃さんなので、中傷するコメントを受けてでも、ファンからのコメントが消されることのないように、アメブロさんに承認をゆるめに設定するよう頼んだのだとか。

これを知らない人は桃さんがコメントを削除したとかまたまた大騒ぎになったりするんです。アメブロが介入しているっていうことはよっぽどコメントが攻撃的でひどいのと、よっぽどブログを読んでいる人が多いんですね。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいますよ!
桃はあいのりの告白相手と結婚したの?ブログ写真が不適切で炎上や収入に迫る!!

この記事のおさらい

  • アンチからの炎上さえもあいのり桃さんが気になる存在ということの証明。
  • だけどアンチばかりでなく、ファンも実は多いのです。
  • これだけ話題提供を続けていくのって結構計画的に実行しているのかも。
  • アメブロさんの介入もあったとかでさすが上位ブロガーです。

あいのり桃さんって凄いです。メークですご~く可愛くなるところも、全てをさらけ出せるところも。やっぱり桃さんに対して興味が湧いてきます。

桃さん、これからも頑張ってくださいね。応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする