ベッキー の妹が ダンスチームで大活躍!!実は矢口真里も復帰 は無理って言われてた?!

ベッキーの妹がロサンジェルスのダンスチームに居て、2013年に全米1位になったとか。ストリートダンスが最高に上手なチーム男女ふたりずつのメンバーで、リーダーをしているなんて凄い!ベッキーは可愛いタイプだけど、ジェシカは綺麗な女性。

引用元:http://lineblog.me/becky/猫とベッキー。赤いお洋服が似合いますね。『北海道からはじ◯TV』に出演!

ベッキーの復帰は無理って言われてたけど、矢口真里さんのときだってそうだったでしょう?きっとまた活躍できる日が来るから、頑張ってね!

スポンサーリンク

ベッキーの妹はダンスチームに所属

ストリートダンスバトルコンテスト「JUSTE DEBOUT」の2013年アメリカ大会で優勝したベッキーの妹、ジェシカ。凄いですね。母親は日本人、父親はイギリス人のジェシカのダンスのセンス、素晴らしいです!(youtubeはこちらからどうぞ。)

男女4人のダンスチームのリーダーがジェシカ。リズム感といい格好いいですね~。こういうリズム感、ダンスのセンスって生まれつきなんでしょうか?ストリートダンスって練習は必要だけれど、ただの努力とは違うような?!

引用元:http://imasugunews.com/3852.html ベッキーの妹ジェシカ。ロサンジェルスのダンサー。

生まれ持ったセンスっていうのがきっとあるはずだと思えるのです。ジェシカがこんな風に踊れるなら、ベッキーもダンスが上手なんでしょうか?ベッキーのファンとしてはそこのところも知りたいです。

私の従姉妹は妹がダンスの先生ですが、お姉さんの方は全くダンスは駄目って言う感じなのを今思い出しました。ということはベッキーもダンスが上手いと勝手に思い込むのは禁物ですね。

スポンサーリンク

ベッキーの復帰はどうなる?

ゲスの極み乙女、の川谷絵音さんとのお付き合い発覚で芸能活動休止中のベッキー。散々叩かれて居るベッキーとは対照的に精力的に音楽活動を続けるゲスの極み乙女、の川谷絵音さん。

誰もがそれがイメージを売りにしているタレントと、アーティストの違いだと受け止めているみたい。だけど、ちょっと納得いかない気もします。擁護するのはとても難しい状況だから、叩く側にいたほうが安泰みたいですけれど。

人を好きになる時って条件を考えてから好きになりますか?一流大学を出ているとか、一流企業にお勤めしているとか、まずそこをチェックする人もいらっしゃるかもしれません。お金持ちだとか?!

もちろん独身者か既婚者かをチェックして、自分が損をしないようにして、それから恋愛対象になるかならないかを判断すると思います。無意識のうちにやっているものですよね。当然です。

だけど、そういうことを含めないで人を好きになるってこともあるかもしれない。まだ経験していないだけでこれからあるかもしれませんよね。だってそれは一生が終わるまでわからないもの。

ベッキーとお付き合いしていたのにベッキーのことあっさり切り捨てるみたいな態度をとる男性の方にも違和感あるんですよね。私っておかしいのかな?ベッキーは独身だったわけだし、悪いのはベッキーだけなの?

という気持ちにもなったりします。ベッキーの心もすっごく傷付いてしまったと思います。もしあのまま発覚しなくてもいつかどこかで結局は傷ついていると思います。だから、やっぱり既婚者を好きになってお付き合いしたらいけませんよね。

相手の家庭も自分も傷つくから。刹那的な感情が芽生えてきて精神的に危ないですよね。最初から好きって思うだけでお付き合いしなければいいと思いますけれど。だって気持ちは自由でしょ?!

この記事のおさらい

  • ベッキーの妹のジェシカはロサンジェルスのストリートダンスチームのリーダーで全米1位になったこともある。
  • ゲスの極み乙女、の川谷絵音さんとの気の迷いで散々叩かれ、芸能活動休止、再開してもなかなか軌道にのらない気配。
  • 矢口真里さんのようには復帰できない雰囲気。
  • 3月18日、フジテレビで『ベッキーいきなり芸術』という番組に出演。
    時間は26:20からの1時間。ひとりでアート展をめぐるんですって。

ベッキーとジェシカ、姉妹っていいですよね。離れて住んでいても、きっと支え合えるはず。ベッキーの困難な時期をジェシカが支えてあげているかもしれませんね。

人間だから間違えることもあるかもしれません。だけど同じ過ちを繰り返さなければいいですよね。失敗から学ぶっていうじゃない?!

矢口真里さんのようには復帰できなさそうなのは、キャラの違いもあるだろうし、ベッキーの精神面が以外と弱そうなところが気になります。いい方向に流れがかわるといいですね。

これからも応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする