家庭用の人気花火の種類や打ち上げ花火はどんなもの?時間は法律で決まってるの?

家庭用の人気花火の種類や家庭用の打ち上げ花火にはどんなものがあるのかな?花火をやる時間は法律で決まっているの?などを調べてみました。

花火は夏の風物詩です。だけど最近は家が密集しているところもあり、他の人達に迷惑にならないようにくれぐれも気を付けて花火を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

家庭用の人気花火

花火の種類

手持ちすすき

紙が芯の棒に巻いてあってその中に火薬が入っています。ススキの穂のように、「シュー」という音とともに火花が前方に吹き出します。種類が豊富で途中で色が変わりますよ。いろいろな種類がありますよね。

手持ちスパーク

練火薬を棒に巻きつけた花火です。( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチと音をたてながら四方八方に花火が飛び散ります。煙は少なくてまるで大きな線香花火のよう。

手持ち花火絵型

手で持つところが紙で絵が描かれています。昔から人気なのは鉄砲型ですね。その次代にあった流行の絵が描かれています。真っ直ぐに花火がでるすすきとパチパチ飛び散るスパークの両方ありますよ。

線香花火

いつの時代も愛されている線香花火。大勢でやっても一人でやっても様になるんです。花火の終わりにはしゃがみこんで線香花火で静かに楽しみましょうね。

関東では紙の線香花火ですが関西では細い木の棒の先に火薬が付いている線香花火なんですね。紙のほうが風で揺れたりして長持ちさせるのに危機が何度も訪れそう。みんなで一斉に日を付けて誰が一番長持ちさせられるかを競い合うのが楽しいです。

丸い火玉がぽとりと落ちたらおしまいです。

レーザー光線花火

すすき花火とスパーク花火の両方を兼ね備えています。ちょっと豪華に花火が踊ります。

手持ち花火香りつき

フルーツやカレーなどの香りがします。話のネタに一度はやってみたいですね。香りのことでわいわいと盛り上がりそう。

ねずみ花火、蛇花火

  • ねずみ花火は丸い紙でできている花火で、くるくるとまわって音を出します。
  • へび花火は1CMくらいの球で、燃えカスが黒く細長く伸びていきます。

うるさいねずみ花火と静かな蛇花火ですよ。

家庭用打ち上げ花火 ロケット花火、パラシュート花火

  • ロケット花火は「ヒュー」と音を立てて上空でパンッと音を出して破裂します。
  • パラシュート花火は地面において火をつけると中身が高く飛び出して、色鮮やかなパラシュートがあとからいくつも落ちてきます。

落ちてくるパラシュートを走っていってキャッチするのが楽しかった!懐かしくて楽しい思い出の花火たちです。幼稚園や保育園、学校で、合宿やキャンプで、納涼祭で花火を楽しいましょう!

大人も子供も恋人同士も友達も皆が楽しめるのが花火です。火事にならないようにそばに水を置いて気をつけて遊んでくださいね!

スポンサーリンク

花火をやっていい時間は法律で決まっているの?

日本で花火は「火薬類取締法」により製造から消費までが規制されていますが家庭用の手持ち花火は該当していません。ですが各地方団体でそれぞれが細かい規制があったりしますので、花火大会などをするときには確認をした方が良いですね。

公園や河川敷で花火をやっていいかどうかは地域の条例で決まっていますので場所によって違います。都内なら区によって違うということですね。

花火のできる時間は法律では決まっていませんが、その地域の玩具花火の規制条例という条例で決まっているそうです。音の出る花火は大抵は夜の9時とか10時のようですが、音が出ない花火でも、同じですよね。

皆で外へ出てガヤガヤワイワイとうるさくなるのはご近所に迷惑がかかるのでなるべく早めに初めて早めに終わらせたほうが良いです。ヽ(`Д´)ノウルサイゾ!って文句を言われたら嫌な気分になりますから、お互いが嫌な気分にならないように気をつけたいですね。

この記事のおさらい

  • 家庭用の人気手持ち花火は、すすき花火、スパーク花火、レーザー花火、絵型花火、線香花火、香り付き花火です。
  • ねずみ花火、蛇花火、家庭用打ち上げ花火のロケット花火、パラシュート花火などがあります。
  • 音の出る花火をやっていい時間は地区の条例で決まっています。大抵は夜の9時とか10時までです。

他の人のじゃまにならないように、迷惑にならないように場所や時間を考えて花火をやらなければいけないのですね。法律では決まっていないけれど、条例を確認することと、手持ち花火の音の出ないものはマナーを考えて各自家の前でやったりできますよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする