say企画ホームページ(公式サイト)を見る方法!

日本年金機構の入力業務の委託を受けた業者が、禁止されている再委託をなんと中国の業者に行っていた大問題が発覚!目覚ましテレビでは業者名を報道していましたね。業者の名前は『say企画』です。

早速say企画の公式サイトを調べようとしたら、「ただいまメンテナンス中です。今しばらくお待ちください。SAY企画」というメッセージが出ています。

こんなときでも見れる方法があるんですよ~。今回はsay企画ホームページ(公式サイト)を見る方法を伝授しますね!どうぞ本文を読んで確かめてみてください☆

スポンサーリンク

say企画ホームページ(公式サイト)を見る方法!

公式ホームページのサイトは現在見れなくなっています。

そこで今回は裏技を使って、ホームページのサイトを確認して、誰が社長だったのか?どんな会社なのかを調査します。

作業はたったの3つです。

  1. ここをクリックすればいいですよ!⇒https://web.archive.org/
  2. 上の四角い空欄に「Enter a URL or words related to a site’s home page」と薄い文字で書いてありますね。WAY BACK MACHINEと書いてある右となりですよ。そこに株式会社say企画のURL「http://www.say-p.co.jp/」を入力します。
  3. 下の方にカレンダーが出てきますね。3月19日のところが青い丸になっています。その青い丸をクリック!

おー!say企画のホームページが出てきました!

say企画ってどんな会社?社長は誰なの?

本社が東京都豊島区東池袋にビルの一室にあるんですね。そして事業所が埼玉県さいたま市と埼玉県戸田市にサテライトオフィスというのがあるようですね。

  • 創業 平成15年8月
  • 代表者 代表取締役 切田精一
  • 資本金 5,000万円
  • 従業員 80名
  • 取引銀行 りそな銀行 池袋支店、三井住友銀行 池袋支店
  • 加盟団体 全国ソフトウェア協同組合連合会・組合員

ということで、社長は切田精一さん。従業名が80人もいることになっていますが、本当かどうかは怪しいです。

事業内容は多岐にわたっていますね。コンピューター関連の各種業務をうたっています。

ISOを取得していて、これが事実なら本来なら立派な会社なはずですけれど、間違いを犯してしまいました。

基本理念や事業継続において重視すべきこと「顧客第一主義」「先進性と挑戦」「信頼と協調」をみると大変しっかりした会社のようですね。言葉だけではわかりませんね。何を見て信用すれば良いのか全く見分けるのが大変な世の中です。

年金機構から500万人分の個人情報データ入力依頼されたのに中国の業者へ丸投げするとは同じ日本人として情けないです。もしかして社長の切田精一さんは中国人だったのかしら?

警察はしっかりと調べて欲しいです。日本人がのほほんとしていてバカにされないようにきっちりと取り調べしてくださいね。お願いしますよ!m(_ _)m

スポンサーリンク

ネットでいう魚拓とは?

ウェブサイト(ホームページ)をキャッシュとして保存する無料のサービスがあります。スナップショットのように保存する事ができるので、その記事が削除されても残っているのですね。

元々は釣りで釣った魚の像を、墨や絵の具を使って紙などに転写したものですがウェブ魚拓っていうのがあるんですね。とても便利。使ったことのない人は一度使ってみてはいかがですか?

この記事の終わりに

ウェブ魚拓を撮られているってことは、私自身もネット上に写真や文章を投稿するには気をつけないと、削除してもネットのどこかに残っているってことになりますね。

何かを削除するときは、理由を説明して修正していくほうが良いこともあるかもしれません。

もちろんsay企画のような悪いことはしませんよ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ItoiReo より:

    記事中のブログですが、今回問題となったSAY企画とは一切関係のない劇団のブログですので、リンクとURLを削除していただけないでしょうか。
    どうぞよろしくお願いします。

    • なつ より:

      同じ名前だったとは言え、
      内容をよく確かめないで載せてしまって申し訳ございませんでした。
      ブログの方はリンクとURLを削除しました。
      本当にすいませんでした。
      ごめんなさい。

      • ItoiReo より:

        早急な対応、感謝いたします!
        自分は直接の関係者ではないのですが、
        お世話になった劇団さんなので…