一人暮らしで寂しいのは大学生と親のどっちなの?学生寮で必要なものはこの5つ!

ひとり暮らしを始めた時に寂しい思いをするのはよくあることだと思うけれど、人によってホームシックの度合いは違います。ひとり暮らしの学生も寂しい気持ちになるかもしれないけれど、親の方も寂しいですよ。

家族と居るのが何よりも幸せ!と言うくらい仲良し家族も居れば、ずっと一緒にいたら喧嘩になるから離れていてお互いの健康を心配し合うくらいの方がちょうど良いという親子だっているでしょうけれどね。(^.^)

部屋の隅でひとりぼっち

学生寮に入った場合の必要なものってなんでしょう?家具などが揃っていたら引っ越しといっても大きなものはありませんよね。引っ越し屋さんに頼まなくてもよさそう。実家の車で運んでもらうとか、宅急便を利用して荷物を送ればよいかしら?

もしかして全部自分で持って行ける?新生活だから家から送るよりも新しく買って日時指定で届けてもらえばいいと考えていらっしゃるかもしれませんよね。新しい生活に必要なものを揃えてスタートをきるのは楽しみですね!

スポンサーリンク

実家を離れてホームシック?!

全て自分でやるのは大変!

大学進学で家を出るあなたは、まだまだ実家で親に甘えたいかもしれませんよね。だって高校生の時はまだ子供扱いで洗濯もアイロンがけも、朝食、夕食の用意もやってもらって当然の生活を送って来たわけですから。

場合によっては朝、親に起こしてもらって、作ってもらったお弁当を持って車で駅まで送ってもらったりしていたかもしれないですよね。朝部活があって家族の中で一番早起きして自転車で出かけたっていう方もいらっしゃるかもしれませんが。(^^)

家族を思い出して悲しくなる

ホームシックにかかるのは今まで結構恵まれた環境に居たということではないかしら?だから最初はやっぱり家族が恋しくなりますよね。その気持わかります。

自分とは言葉のアクセントが違っていたりすることもあるでしょう?友人同士で知っていることと知らないことがお互いにあって、情報交換し合ったり、わくわくとした毎日を送れると良いですね。

どうやって乗り切る?

ひとり暮らしで寂しいときは自分の好きなものを料理して食べたり、好きなテレビ番組を見つけて楽しみにしたりっていうのも些細なことだけどいいですよ。音楽でも誰かの声が部屋の中でしていると寂しい気持ちが紛れるかも。

「おはよう」「おやすみなさい」とLINEで家族にするのもいいですよね。改まって話さなくても挨拶だけでもいつも繋がっていると安心。今は電話代もかからないから本当に便利ですね。

新しい環境に慣れたり、学業が忙しくなって、サークルやバイトで時間が埋まっていくと忙しくて慌ただしくて寂しい気持ちも薄らいでいきますから大丈夫。自分からクラスの人に話しかけるようにするとお友達もできやすいですよ!

新しいお友達が増えて地元の友達にはない刺激もあるでしょ?ホームシックはずっとは続かないから、新しい環境でどんどん行動してくださいね!玄関を出るときから笑顔で!!

だけど寂しかったらゴールデンウィークや夏休みにいつでも実家に帰ってきてね。(^^)

子供が離れていって寂しい気持になる親はどうするの?

子離れの良い機会?!

大学進学や就職で家を出るのは子供が自立する絶好のチャンスだと思います。(^o^)丿そして親も子離れするチャンス!

そんなチャンスいらない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、順番からいって親のほうが先にいなくなるのだから、やっぱり子供が自立出来ていないと心配ですよね。

連絡を頻繁に取り合えるから心配しないで!

一緒に暮らしていても忙しくてあまり話していなかったなんてこともあったりして。そんな場合は逆に連絡が密になったりすることもありますよね。

今は電話代もかからないから、LINEやSKYPEでいつでもメッセージを交換できたり、顔を見ながら話せたりしますものね。様子が分かれば安心です。それに新しい経験をしている様子を聞くのも楽しいですよね!

親も新しいことを始めてしまう!

朝や夜のLINEで、遠くに居ても遠くにいるように感じないくらいです。子供の世界が広がって好きなことを勉強していると思うと嬉しいから、寂しくならないように自分も忙しくなる対策をとっておいたほうが良いですよね。

時間って不思議で、時間が癒やしてくれたり、時間が嫌なことを忘れさせてくれたりするけれど、時間があるから余計な心配をしたり寂しくなったりもしますから。だから親も自分のことで忙しくなりましょ!

スポンサーリンク

ひとり暮らしの学生寮で必要なもの

学生寮のメリットが大きい!

ひとり暮らしと言っても学生寮ならちょっと安心ですよね。月額の賃料も学生マンションや他の一般の物件よりも安いですし、基本的に家具や家電を買わなくても良いですから経済的に楽です。

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機、テーブル、ベッド、机、本棚、アイロンなどを準備するのとしないのでは大違いですよね。しかも食事付き、ということはフライパンや鍋などキッチン用品も揃えなくても良いということです。

一人部屋でも共同スペースでは先輩、同級生、後輩とコミュニケーションをとる場所があるから、寮生同士の仲が深まりますよね。

必要なもの5つ

大きな家具のなかに小さな細々としたものを入れておくと、ごちゃごちゃになって探すのが大変。そこで必要なのは大小の収納ボックスです。これがあれば整理整頓もやりやすくてすっきりです。

やっぱりパソコンは必要ですよね。ワードやエクセル、パワーポイントなど大学で必要なものは最初から揃えたいです。それからベッドが備え付けられていても布団や枕、シーツは用意する必要がありますよね。

歯磨きやお風呂で必要なもの。そして衣類はとりあえず春から夏用を持っていれば当分の間は間に合いますよね。というわけで下記の5つを持っていけば良いですね。

  1. 収納ボックス
  2. パソコンと電子辞書
  3. 布団やシーツ
  4. 洗面用具、お化粧品、お風呂のタオル、シャンプーなど。
  5. 衣類(とりあえず春から夏用)

もちろん秋からひとり暮らしを始める方は秋から冬用の衣類を持っていってくださいね!足りないものがあれば後から郵送してもらったり、自分で買い足したりできますからあまり心配することもないです。

その他に持っていくものは、銀行のカードや靴、バッグ。スーツは持っていても、喪服は実家に置いておいたりできますよね。寮のお部屋の収納スペースを見て持ち物の量も決まってくると思います。

荷物が多いときちんと片付けられなくて大変ですから、最小限のもので暮らしていけるようにしたいですね。

この記事のまとめ

  • ひとり暮らしも最初は寂しいけれど、2、3週間でお友達が出来て心強くなっていくでしょう。
  • ゴールデンウィークまではたったの1ヶ月!夏休みもすぐです。お正月まではちょっと間があるかしら?
  • 所詮人間は1人!人生のどこかで孤独と向き合うときがくると思うから、孤独体験も積んでくださいね。
  • 親も子離れ!頑張れ!
  • 学生寮の場合は家具や家電が必要ないのでお得で身軽なスタートですよね!

私は就職しても親と一緒に暮らしていたから高校を卒業してひとり暮らしができるなんて羨ましいくらいです。あの頃は家の電話で友人と長話をし過ぎだとか、門限のことで親と喧嘩をしていたような。

別々に暮らしたら、喧嘩をする材料がないですね。(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする