本郷奏多の子供時代写真はドラマの子役なの?!麻雀部屋の衝撃の噂とは?!

本郷奏多さんは子役として仙台ではキッズモデルをしていたそうですよ。幼少時代の写真はそんなキッズモデルのときのものがあるのだと思います。その後、スターダストプロモーションに所属しました。

引用元:https://cdn.deview.co.jp/imgs/pc/topinterview/m1_kanata1507.jpg

自宅にも麻雀部屋があるとか噂ですけれどほんとうかしら?だって他にもたくさん趣味があるようですし、忙しいのに、それに若いのに麻雀友達いるの?本文で正解がわかりますよ!

スポンサーリンク

本郷奏多さんはドラマの子役から活躍していた!

生まれと名前の由来

本郷奏多さんは宮城県仙台市出身で1990年11月15日生まれ。身長は174cm。愛犬のラミと居るときが心が休まるそう。恋人と居る時はちょっと気持が高ぶって心休まるのとは違うのかしら?

兄の名前は遥(はるか)で、女の子の名前みたいだけど生まれる前に女の子だと思われて付けられた名前なんですって。それで遥か彼方(かなた)からとって、奏多(かなた)というお名前になったとか。ちょっと粋なご両親を持つ本郷奏多さんです。

子供時代の子役やキッズモデル

本郷奏多さんは幼稚園の頃から宮城県仙台市にある「仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)」でキッズモデルとして活動していたそうです。

10才でジャニーズのオーディションを受け、最終選考まで残りましたが残念ながら落選したんですね。それでその後スターダストプロモーションに所属したんですよ。

俳優デビューと主演デビュー

2002年、映画『リターナー』で俳優デビュー。2005年、映画『HINOKIO』で14歳で初主演を果たしました。

神木隆之介さんと子役の頃から仲良し

2005年に放送された「あいくるしい」と2006年に放送された「探偵学園Q」で本郷奏多さんは神木隆之介さんと共演をしています。また、神木隆之介さんとは似ているとよく言われているんですよ。二人は血のつながりはないけれど仲良しです。

スポンサーリンク

アカギで麻雀部屋にいる本郷奏多さん

得意な麻雀でアカギに出演

スカパーで放送されたドラマ「アカギ」に出演し、麻雀の実力も見せた本郷奏多。もともと趣味が多いんですが、なんと麻雀も得意だったとは驚きです。

趣味がどのくらい多いかというと、ガンプラ、ゲーム、音楽鑑賞、テニス、ベース、ギター、写真を撮ること、ビリヤード、ダーツとまあこんな具合です。私なんて特技が何もないのにこんなに色々なことができる方って世の中にはいらっしゃるんですね。

自宅にも麻雀部屋あり

自宅にも麻雀部屋があって麻雀友達と遊ぶそうです。麻雀得意なわけです。潔癖症ですから、もちろん汚い格好で来た友人は玄関の処で着替えてもらいます。(笑)あの同じく潔癖症の坂上忍さんも驚きですね。

これだけ麻雀が好きだからアカギに出演できて嬉しかったでしょう!アカギの役柄は裏社会を震撼させた天才主人公の赤木しげる(アカギ)役です。カッコイイです。そして日本の闇の王と呼ばれ巨万の富と権力を持つ鷲巣巌役を津川雅彦さんが演じました。

髪を白髪に染めて挑んだ役で、ウィッグではないんですよ。それがまたとても似合っていて素敵でしたね。

この記事のおさらい

  • キッズモデルや子役から活動していたので、子供時代の写真も可愛かった!
  • 最初は仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)に所属。
  • その後スターダストプロモーション。
  • 麻雀部屋が自宅に本当にありました!汚い格好できた友人は玄関のところで着替えさせて麻雀部屋に入るんですよ。

彼女も潔癖症に合わせられないとダメですよね。好きなタイプは、常識があって、品があって、頭のいい女性ということです。きれい好きな人も付け加えた方が良いかも。
本郷奏多さん、これからも応援しています!

以上、「本郷奏多の子供時代写真はドラマの子役なの?!麻雀部屋の衝撃の噂とは?!」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする