キッズウィークいらない理由は、お金がないと家族旅行に行けないから!

政府がキッズウィークを設けたいらしいけれどキッズウィークいらないな~!夏休みを一週間削って別の時期に一週間お休みをくれるらしい。2018年4月スタート!?旅行を推進しているけれどお金がないと家族旅行も行けないじゃない?

それならキッズウィークいらないって思う人もいるはず。

土日をあわせて9日の大型連休。パートで働いている場合働かなければお給料はもらえないから、もし子供と一緒にお休みを取得したら収入が減りますよね。キッズウィークとは何なの?

スポンサーリンク

旅行に行くための大型連休なの?

子供達は休み中にどこに言ったかを楽しそうに話すでしょう?親子で旅行をするためのお休みという目的なら、まるでそれが義務のようでつらいです。もし金銭的に余裕がなくてどこにも行けなかったら、旅行にいけなかった子供が傷ついてしまうかも。

夏休みは何か子供のために考えてあげられても、春休み、GW、年末年始に加えてさらに大型連休があると子供の期待にこたえられるだけの金銭的余裕がないと親としては困ることもあるのじゃないかしら?

例えば観光地に住んでいる人は稼ぎどきの期間が増えて嬉しいかもしれません。だけど観光地にすんでいる子供達は親が忙しいから子供たちだけで遊びますよね。

そんな中で親子で遊んでいたら気楽でいいよね、って目で見られるのも辛いです。

会社を休めるのは誰?

会社で子供のいる人が優先的にお休みをもらったら独身の方達がとっても不満に思うと思います。税金をたくさん払っているのに地域の安い料金で利用できる施設は平日家にいる人達が使っていると密かに快く思っていないのに。

働きすぎは良くないけれど、旅行に行く目的でキッズウィークを設けるのはどうなのかしら?本当は行きたいですけれどね。行けないときに罪悪感を感じるっていうのはおかしいですよね。キッズウィークいらないわ。

休暇の使い方は家庭によって異なるから旅行をあまり推進しすぎるのはどうでしょうか?個人が行きたいと思って旅に出るもので、政府に言われて旅に出るというのはなんだか変な気分です。

スポンサーリンク

キッズウィークって子供がいない人は?

ちょっと楽しくない気分になりそうです。お父さんやお母さんになりたくない人や、なりたかったけれどならなかった人もいるわけです。わざわざ子供がいないことを指摘してくれてありがとう。

子供がいたほうがよかったんですね。ふん。いつも頑張って働いているのにないがしろにされているみたい。だけどここでキッズウィークいらないって文句を言ったら余計自分が傷つきそうだから黙っていよう。

こんな風にならないといいです。

今この記事が読まれていますよ!
23区内の大学の定員増に法規制!中間報告と東京に住みたい若者達の夢!

この記事のまとめ

  • 本当はお休みが増えるほうが楽しいから喜びたいけれど家族旅行を推進したお休みだと何らかの理由で行けない家庭が辛いかも。キッズウィークいらないって気持になりますよね。
  • 会社を優先的に休めるのは子供のいる人っていうのは余計に休みを取りにくい場合もあります。だって普段から子供のことで休みがちかもしれないし。
  • 少子化を防ぐために子供がいたほうがお得ですよ、という意味も含んでいるのでしょうか?
  • 子供がいない方はおもしろくなくても、それを大きな声では言いにくいでしょう?

「公務員の公務員による公務員のための大型連休」と思っていらっしゃる方もいるみたいですけれど、市役所は休みになるわけありませんよね。市民が市役所での用事もこういうお休みのときにできるようにっていう配慮もあることですから。

いつも忙しくて疲れている方はやっぱりお休みが欲しいですよね。どんな休みでも子供をいる時間が増えるほうが嬉しいし、なんで反対する人がいるんだ!って思っていらっしゃるかも。

せっかく政府が有意義な休みがとれるように案を出してくれているのに素直に喜べないのはなぜ?ただ変化が怖いだけなんでしょうか?子供が家族と過ごす時間が増えるのはいいことです。

夏休みの5日間を他の月に移動させるのだから休みが増えるわけではないし、全国一斉に休むのではなくて地域ごとにキッズウィークが違うというところが、今までにはない試みです。

だからどうなるのか不安なのかも。新しいことには不安もついてくるけれど、もし決定して始まったら、うまく回るように努力したいです。できれば楽しく暮らしたい!

以上、「キッズウィークいらない理由は、お金がないと家族旅行に行けないから!」でした!

こちらの記事も読まれていますよ!
2歳、3歳向けのクリスマスプレゼントにおすすめ絵本10冊!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする