みきママ旦那の実家へ行く!子供誕生でダウン症?って調べられることに思うこと。

みきママって我が家でおもてなしというイメージですが、旦那さまのご実家へご飯を食べにも行くんですね!みきママ家族と義兄の家族と義父母でご飯を食べるのって大人数で楽しそうです。

引用元:http://books.rakuten.co.jp

子供時代にはこういう風に親戚が集まってわいわいがやがやご飯を食べるのっていい経験ですよね。記憶にずーっと残ってほっこり温かい気持ちになります。

子供が生まれるとダウン症って調べられる理由は何なんでしょうね。

スポンサーリンク

みきママ旦那の実家へ行く!

旦那さまのお兄さんがアメリカでお仕事をされていて、夏休みで帰っていらした時に義父母が居る実家に集まってご飯を食べて、泊まってきたそうです。子どもたちはいとこになるわけで、従兄妹たちが集合して遊べるのって良いですよね。

実家は埼玉県さいたま市岩槻周辺だそうです。夏休みだけでなくお正月やゴールデンウィーク、親戚のイベントは皆集まって食事をして子どもたち(いとこ達)を遊ばせるのが恒例のようです。

そういう環境はやっぱりみきママが旦那さまの方の家族と仲良くしているからできるんですよね。いつも明るいみきママですからお友だちとの交流もたくさんあるし、人付き合いも上手です。コミュニケーションが上手い、気持が暖かいってことかしら。

つまり、得意なものはお料理だけじゃないんですよ。お料理は食べてくれる人が居て成り立つわけですから、人の輪がますますみきママのお料理の腕に磨きをかけますね。

みきママはスーパー主婦

みきママの場合

みきママはテレビ出演や本の出版、ブログやインスタグラムなどの更新、そしてもちろん二人のお子さんの子育てと、とっても忙しくて色々なことをこなしていくスーパー主婦です。そういえば、Youtubeでの動画も見れるんですよね。

きっと時間の使い方が上手なんですね。お料理の時間が短くてごちそうが作れるということも時間の使い方が上手なことのひとつです。スーパー主婦ですね。尊敬します。

知人の場合

スーパー主婦って本当に尊敬します。実は私は田舎に住んでいるんですけれどね、正確に言うと都会育ちで旦那の実家のある田舎に住んでいます。夏休みに憧れの海の家でアルバイトをしました。

一日が終わると疲れて、帰っても夕飯作りたくないな~、なんて思うくらいです。だけどもうひとりのパート仲間の人が、家に帰ったら畑に野菜を取りに行くんだけど、家から畑までの道の草刈りをしてそれから野菜を採って、夕飯を作るって言ったんですよ。

もうびっくりです。そうしたらその方のお母さまはもっとスーパー主婦だとか。凄いですね。働き者の家族っているんです。でも娘さんは「お嬢」って言ってました。

ちょっとみきママとは別の忙しさかもしれませんが、忙しくてもそれが生活の一部になっているよく働く人という意味では同じでしょう。スーパー主婦さんたち、尊敬しています。

スポンサーリンク

ダウン症?と調べられるのはなぜ?

いつも思うんですが、ちょっと私的に思うことを述べますね。芸能人の方が出産するとすぐに子供はダウン症?って調べられたり、騒がれる傾向にあると思います。どうしてそれを知りたいのかしら?どうして疑うのかな、と思って。

そういうのって他人から調べて突き詰めていくものじゃないと思っていたから最初はちょと驚きました。

みきママの3人目のお子さん杏ちゃんがダウン症ではないかって画像検索でネット上で騒がれていましたが、杏ちゃんが大きくなってそれを知ったら傷つかないかしら?いえ、笑い飛ばすかも。

杏ちゃんの場合はみきママがブログに子供たちの幸せそうに食べる姿が載っていて、すぐにデマだと分ることでした。だから問題ないですよね。ブログに子供のお顔を出さない方達も居るわけですから、その方達のお子さんがダウン症?って調べられるところが逆に不思議です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。
みきママ旦那が入院の理由と病名とは?兄弟の小山慶一郎のブログがネットで話題に!

この記事のおさらい

  • みきママは旦那さまの実家で、子供の従兄妹達と集まってご飯を食べたり泊まったりしている。
  • 親戚と仲が良くて、いとこ達と遊べるのは子供たちにとって良い環境です。
  • 杏ちゃんはブログの写真をみれば分かる通りダウン症ではありませんね。

食事は每日のことだから安い材料でたくさん美味しく食べられたら嬉しいですよね。みきママのレシピで夕飯の献立の悩みを解決してもらっている人はたくさんいると思います。

みきママこれからもご活躍、応援しています!

以上、「みきママ旦那の実家へ行く!子供誕生でダウン症?って調べられることに思うこと。」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする