オダギリジョー子供3人目と嫁の名前読み方は?私服ブランドはどこ?

オダギリジョーさんの嫁の名前はなんていうのですか?
香椎由宇さんです。
ところで、読み方が難しいのだけどなんて読むの?
本文最初に書いてあるから読んで下さいね!

引用元:http://eiga.com/person/23028/

オダギリジョーさんと香椎由宇さんとの間に2016年に3人目誕生ということで
良かったですね。独特な雰囲気を醸し出しているオダギリジョーさんの私服ブランドは
どこなの?オダギリジョーさんの独特な世界観を考えてみました!

スポンサーリンク

オダギリジョーの嫁

名前と読み方は?

香椎由宇さんです。
香椎由宇さんのの読み方は「かしい ゆう」と読みますよ。

女優の香椎由宇さんの本名は小田切 悠子(おだぎり ゆうこ)さんです。
旧姓は香椎悠子(かしい ゆうこ)さんでした。
1987年2月16日生まれ。

馴れ初め

オダギリジョーさんと香椎由宇さんは、
2006年に映画「パビリオン山椒魚」で共演。
それがきっかけで交際が始まり、2008年に結婚。

オダギリジョーさんは香椎由宇さんは女優さんなのに
周りに媚びることなくカッコいいところに惹かれたのだそう。

11歳香椎由宇さんのほうが年下ですがしっかりしているので
年の差を感じたことはないそうです。

オダギリジョーの子供3人目誕生!

なんだか独身のようなイメージもあるオダギリジョーさんですが、
嫁もいるし子供も3人もいらっしゃるのですね。

2011年に第一子長男が生まれました。
2014年に第二子の次男が生まれましたが、
2015年に絞扼性(こうやくせい) イレウスによって急死しました。

もし赤ちゃんが亡くなったら私だったら、その後生きていけるかな?
生きるしかないけれど、辛くて悲しみの世界にどっぷりと浸かって
ただ時間が過ぎているのを待つだけ・・という感じかな。

だけど長男がいたら、必死でその子を育てるしかないですよね。
もしかしたら長男が悲しみを乗り越えさせてくれたのかも。
オダギリジョーさんとの絆も本当に深かかったのでしょう。

こういうことがきっかけで別れてしまう夫婦だっていますから。

2016年8月、苦しみを乗り越えての三男出産。
本当におめでとうございます。

スポンサーリンク

オダギリジョーさんの私服ブランドはどこ?

ブランドで決めるって言うよりも、ブランドに関係なく
気に入ったものを着てコーディネートしていくことを楽しんでいそう。
オダギリジョーさんのファッションセンスに合いそうなブランドはこちらですよ。

CUNE

ぶっ飛んだ感がオダギリジョーさんにぴったり。

COMME des GARCONS

前衛的に挑戦し続けるファッションで有名。

mercibeaucoup

ゆるくて親しみやすいファッションが
オダギリジョーさんのコーディネートで斬新になりそう。

JULIUS

オダギリジョーさんが愛用していると評判ブランド。

独自のファッションを貫く!

オダギリジョーさん、二枚目なんですけれど真っすぐなイケメンというよりも、
ファッションをちょっとわざとくずしているところで独特な世界観を作っていて、
個性ってやっぱりファッションで表現するんだな~って勉強になります。

一歩間違えたらひどいことにもなりそうなオダギリジョーさんのファッションセンス。
一体どうやってファッションセンスを磨いたのかしら?
ゆるいけれどビシっとキマってるのよね。

私が思うにオダギリジョーさんは誰からも教わってないと思います。
だって人の真似は絶対にしたくないし
皆と同じでは嫌だというきもちが強い人だから。

アメリカに居た時に、皆がTシャツと短パンでも
自分はファッションにこだわっていたらしいですから。

だからきっと大勢がオダギリジョーさんのファッションを真似したら
その格好はもうしないかもしれませんよね。
もちろん髪型もとっても個性的で素敵!下のツイッター写真の髪型が面白いでしょ?

この柄物のファッション、難しそ-!

シンプルなスーツ着てこのお髭と髪型見て!

!この記事のおさらい

  • 嫁の名前は「香椎由宇」で「かしい ゆう」と読む。
  • オダギリジョーさんは独特な世界観をファッションで表現している。
  • 真似したいけれど他人には真似できないファッションセンス。
  • 次男は絞扼性(こうやくせい) イレウスによって急死している。
  • 2016年に生まれた3人目の子供も男児。

オダギリジョーさんのファッションや髪型から
唯一の自分だけのセンスを感じられてほんとうに素敵!

オダギリジョーさん、これからも応援しています!

「オダギリジョー子供3人目と嫁の名前読み方は?私服ブランドはどこ?」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする