お年玉のお返しは常識?親戚・独身・親・上司へのし付きで商品券は良いの?

「お年玉のお返し」は常識なのかしら? 親戚にも子供がいれば、お互いにお年玉のやり取りするのだから良いですよね。

だけどその親戚が独身の人だったら、もらいっぱなしになってしまうでしょう?それはやはり感謝の意味も含めて何かお返しをするのが常識なの?

子供が楽しみにしているお年玉をくれてありがとう!感謝してますよ。

子供がお年玉をもらうから、そのお返しの意味で、親や上司「お年賀」と熨斗(のし)をつけて商品券を贈るのは良いでしょうか?今回はそんな常識といわれる「お年玉のお返し」の悩みについて調べて考えてみました。

それからラインでお年玉を貰ったときのお返しの仕方もありますよ。

スポンサーリンク

お年玉のお返し

お年玉は日本の文化のひとつ お返しはいらないみたいですよ。

親戚の場合の常識

子供がいる家庭の場合の常識

子供がいる家庭ではお年玉をお互いにやり取りすることになるので、特に頂いたお年玉のお返しという事は考えなくても良いですよね。元々お年玉は大人が子供にあげるものなので、お返しはいらないからです。

子供の年齢が違えば、先にあげることになったり、後からあげることになったりしますけれど、長い目で見れば同じですね。

子供の人数が違うときもありますが、そこはまあ、あまり気にせずにいきたいですね。ひとり対5人なんてことだと、ちょっとひとりの方へ金額を増やしたほうが良いかな?と気をもんだりしそうです。(笑)

5人の方にあまり金額をはらずに、ずーっと続けられるように抑えてお年玉を上げ続けるという配慮もさせていただくとか。(*^^*)

独身の人の場合の常識

独身のひとから子供がお年玉を頂いたら、もらいっぱなしで悪いなと思います。

だからと言って、取って返すようにすぐにお返しをするのも、返って失礼だったり、味気ないような気もします。借りは返したよ、みたいな感じはまるでもののやり取りを終了するみたいでさみしいです。

例えば夫の兄弟や姉妹だったら、自分たちが何処かへ出かけた時にお土産を買うとか、何か美味しいものを多めに作った時におすそ分けしたりするのもいいのかなと思います。

家でのお食事に誘ったり、一緒に出かけることがあったら食事をごちそうしたりするのが良さそうですね。

お年玉のやりとりが日本の文化のひとつで、これからも続くことを考えたら、もしかしたら、今独身の人にもいづれお子さんを持たれるかもしれません。お年玉を今はもらいっぱなしでも、その方のお子さんにお年玉と差し上げる事もできます。

今現在のことだけでお返しを判断しなくても何かの時にお返しをしたいと心に駐めておくというのもありだと思います。もともとはお年玉は大人から子供にあげるものなので、お返しはいらないのです。

だけど頂いたことを覚えていて、その気持がありがたいな、いつか何か役に立ちたいな、という気持ちになるのって幸せなことですよね。

私の具体的な例ですが、結婚してすぐに、夫の親戚の大学生の息子さん2人にお年玉をあげていました。

ひとり1万円で合わせて2万円。私は出産したばかりで働いていないし、我が家の家計も大変な時に、親のお金で学生していて、アルバイトまでしている人にお年玉をあげるのはちょっと納得がいかないものがありました。

でも夫が学生の時にその親戚の方からお年玉を貰っていたから、その方のお子さんにもあげるのは当然という感じでした。今はもう、その息子さん達は税金をどっさり払っている働き者の社会人ですよ。(笑)

そして現在、我が家の娘達はその親戚の方から毎年お年玉を貰っています。いろいろな親戚からお年玉を貰える娘達は嬉しそう。それを見て私も嬉しいです。

こうやってつながっていくのも、あまり他にはないから、お年玉って貴重なものなのかもしれないですね。つまりすぐにお返しをしなくてもお返しできるタイミングでお返しをするということもできますね。

親の場合の常識

親にはお世話になりっぱなしでも許してもらえそう。だけど退職していたら、子供がお年玉をもらうので、こちらから親にもお年玉をあげたほうがいいのかもしれませんね。

はっきりいって親の考えにもよりそうですが、母親の方がお年玉をあげやすいような気がします。父親だと、いつまでたっても父のほうが自分よりも上の存在で娘の私からお年玉をあげるなんてちょっと考えられません。

この辺は家族によって考え方も違うし、慣れ親しんだ環境が違うので、正解は1つではありませんよね。自分の家族はどうかな?と考えれば、その考えた時間も相手のために使うので、良いことだと思います。

私が子供の頃、私の両親は私の祖母にお年玉をあげていました。だけど自分は親にお年玉をあげたことないんですよね。その代わりに母の日にお花を贈ったりしていますよ。

考えた結果、親にお年玉をあげても、あげなくても、感謝の気持ちは伝えたほうが良いです。やっぱり自分が親になると、子供から言葉で「ありがとう」と言ってもらった方が嬉しいですから。(^^)

親や上司へ熨斗をつけて商品券を贈るのは良い?

商品券は誰にあげても喜ばれる?!

お年賀に商品券?!

お年玉のお返しという意味で熨斗(のし)を付けるというと、「お年賀」と書いた熨斗をつかうということですね。新年のご挨拶へ伺って、その場でお渡しするお年賀。そしてその場でいただく子供へのお年玉。

ということで、まあ交換するみたい。お年玉をいただかなくても手ぶらで新年のご挨拶には伺わないので、お年賀は持っていきます。

美味しいお菓子!

私は個人的には、やはりお年賀に商品券は良くないと思います。金額があからさまで、どこか興ざめする感じです。なにかお菓子とか、日持ちのする食べ物が良いのではないかと思います。

住んでいる所の特産品とか普段は高くてあまり買わない美味しいと有名なお菓子などが喜ばれると思いますよ。

もらって嬉しかったから・・・

以前母が、知り合いに快気祝いを届けたら、その場でお返しの商品券を頂いたことがありました。その時は母と私で、素晴らしい用意の仕方だと感心しました。嬉しかったですよ。ということで、商品券ももらった相手は嬉しいはずです。

そうなると、お年玉のお返しに、お年賀で商品券を贈るのも悪くないということになるのかもしれませんね。相手がどう思うかですから、相手が喜んでくれそうなら、商品券でも良いのでしょう。

水臭いとか、他人行儀だとか、思う人もいるかもしれませんし、商品券で半返ししてもらったら嬉しいと思う人もいるでしょう。いろいろな考えの人がいますから、臨機応変に行きましょう。こんな結論になりました。

ラインでお年玉付きスタンプを貰った時のお返しの仕方!

ラインでお友だちからお年玉をもらうことがありますよね。そうしたら、やっぱりお返しがしたい!次の順序でお返しできますよ。

  1. 「お年玉つき年賀スタンプ」の購入。
  2. 「LINEお年玉」というアカウントから、自動的にメッセージが届く。
  3. 「お返し」は、このメッセージの「贈る友だちを選ぶ」から行う。
  4. 「友だちにお年玉を贈ろう!」画面が開く。
  5. 「友だちを選ぶ」をタップ。
  6. お返ししたい友だちを選択して、「確認」をタップ。

LINE「お年玉つき年賀スタンプ」を購入すると10人までお年玉を贈れるみたいですね。面白そう!!だけどLINE「お年玉つき年賀スタンプ」は1月1日から3日までの限定販売です。

このLINEのスタンプの仕組みってなかなか良くできていて、今後LINE利用者層がどんどん広がっていくのを感じますね。詳しくは下の記事に書いてありますよ!
⇓     ⇓      ⇓      ⇓     ⇓
LINEスタンプで「お年玉」を貰った時の「お返し」の仕方を説明!!

スポンサーリンク

最高のお返しは心からのお礼の言葉!

当然ですが、お礼を言うのがマナー。

受け取ったその場で子供がお礼を言うのは常識!

子供がお年玉を両手で受け取って、その場で子供がきちんとお年玉をくれた相手にお礼を言うことがいちばん大切ですね。その後で、親がもう一度お礼を言います。

当たり前のことですが、このやりとりを子供が自然に覚えるのが良いですよね。お年玉は日本の文化の一つですし、きちんとご挨拶やお礼を言うことを学ぶ良い機会でもあります。

お年玉のお返しは必要なし!?

基本的にお年玉はお返しはいらないというのが昔からの流れです。

ですがお年玉をいただくことが当然だという態度はいけませんよね。直接お年玉をもらわずに、別の人経由だったり、郵送で頂いたときには、電話で直接話してお礼を言ったり、子供が手紙を書いてお礼を言います。

電話や手紙の練習にもなりますよね。このような良い機会がないと、ラインでスタンプは送信できても、手紙は書けないとか、電話できちんと話せないなんていう子供になってしまうかもしれませんよ。(笑)

子供にはどんどんチャレンジさせたいですよね。間違えたって構いませんから。幼い子なら、「ありがとう」だけ言うのもチャレンジです。少し大きくなったら、決まり文句の「ありがとうございました」以外の会話もチャレンジ!

今部活で忙しいとか、何かの大会へ向けて頑張っているとか、近況を報告したり、何々が欲しかったから、頂いたお年玉で買いたいとかお話できると素晴らしいと思います。お年玉をあげた方は、子供が喜んでくれるのが一番嬉しいはずです。

お礼が一番大切なお返しですよね。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいますよ!
⇓       ⇓       ⇓       ⇓
お年玉のお礼、電話での言い方は?手紙やはがきでも良いの?

この記事のおさらい

  • お年玉のお返しは必要ないというのが昔からの基本的な考え方。
  • お年玉のお返しは親戚・独身・親・上司とも常識だと思っている人も少なからずいる。
  • その場ではなくて別の機会にお返しするという考えでも良い。
  • その場ですぐにお返ししても悪くない。
  • どうしようかと考えるその時間も相手のために使っている時間で感謝の気持ち。
  • 子供がお礼を言ったり親がお礼を言ったりとご挨拶のコミュニケーションをとる練習にもなる。

今までの付き合い方、家庭環境、その地域での風習などがあると思うので、常識もいろいろあって、どれも正解だと思います。文句を言われたり、他人行儀になったりしないように臨機応変に対応したいですね!

ラインの場合は言葉よりも可愛いスタンプ選びに気合を入れる感じでしょうか?(笑)

以上、「お年玉のお返しは常識?親戚・独身・親・上司へのし付きで商品券は良いの?」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする