「トットちゃん」カール祐介ケルナー(ワイセンベルグ)の病気は何?

城田優さん演じる国際的ピアニスト、カール祐介ケルナーさんが、なんだか体調が悪そう。前回の日本公演では、アンコールには応えずに部屋にこもってしまったし、次回も予告では脳に腫瘍があるとか?!

東京公演の演奏前のMCを努めたトットちゃんこと黒柳徹子さんにこのあと襲う衝撃とは?

スポンサーリンク

カール祐介ケルナーさんが病気を抱えている?!

脳に腫瘍!?

ドラマ「トットちゃん」をみていて、なんだか祐介ケルナーさんに悪いことが起こっている予感はありました。予告では脳に腫瘍ができているのだとか?

多忙なトットちゃんが仕事の合間をぬって、祐介さんに会いに欧米諸国へ行ったり、日本公演に何度も顔をだしたり、いじらしいというか、楽しそうですね。ピアノをプロとして弾く上で、何か問題が発生したのだと予告で感じていました。

ワイセンベルグさんはパーキンソン病に!

カール祐介さんのモデルとなったのはワイセンベルクさんであろうと思われますが、ワイセンベルグさんは長く闘病したと伝えられています。

Weissenberg reportedly had long suffered from Parkinson’s disease. He died in Lugano, Switzerland, where his family had moved.

音楽の記事の中でワイセンベルグさんはパーキンソン病にわずらっていて、家族が引っ越したスイスで亡くなったとあります。

ピアニストは指の動きが思うようにできなくなったら、とても辛いでしょうね。筋肉を自分でコントロールできなくなったら絶望するでしょう。それでもワイセンベルグさんを黒柳徹子さんは支えてこられたのだな~と思います。

ふたりの別れは死別ですからね。

子供が居た!?

Alexis Weissenberg died in Lugano, Switzerland, on the 8th of January 2012.

2012年1月8日に、82歳でお亡くなりになっているのですが、家族がいらしたことを私は知らなかったので驚きました。ピアノコンサートで世界中を渡り歩いていらしたのでしょうから、一緒に過ごす時間は少なかったと思います。

だけど、もしこのワイセンベルグさんがトットちゃんこと黒柳徹子さんの恋人だったなら、おふたりの関係は不倫関係ということになりますね。黒柳徹子さんが不倫をしていたことになるのかしら?

家族といっても妻がいるとは限りません。ワイセンベルグさんにはお子さんがいらっしゃるという情報も見つけました。結婚して離婚された後にトットちゃんとお付き合いを始めたのかもしれませんよ。

家族に関しての詳しい情報がワイセンベルグにはありませんでした。クリスティーナとマリアさんの名前が子供の名前として載っていますが、妻は書いてありません。結婚したことがあるのかどうかも不明なんですよ。

プロポーズを断ったトットちゃん!

お付き合いの始まりは、あのニューヨークのセントラルパークで偶然出会った時から始まったと考えるのが自然でしょう。「一緒にパリへ来てくれ」とプロポーズされたのに、それには応えなかったトットちゃん。

「結婚とはいつも一緒にいること」というトットちゃんの考えから、自分は日本で仕事があるし、両親とわかれて暮らすことも考えられなかったのかもしれません。

ワイセンベルグさんの長い闘病

祐介ケルナーさんは脳に腫瘍が見つかったそうですが、ワイセンベルグさんも同じだったのでしょうか?脳に腫瘍の情報はありませんでしたが、ワイセンベルグさんはパーキンソン病に長い間苦しんだようです。

窓ぎわのトットちゃんの本に興味のある方は、詳細はここをクリックしてくださいね!

トットちゃんの恋人、ピアニストの祐介ケルナーは実在するの?誰?

カール祐介ケルナーは脳腫瘍!?最終週ネタバレ感想!

ワイセンベルグの命を収容所から救ったのはピアノの力!

ドラマトットちゃんいつまで放送? 向田邦子役の女優は誰?感想あり!

「トットちゃん」牧師役は誰?なんと婚約者が居た!

「トットちゃん」ダニー市川は実在するの?徹子の部屋に出演は本当?

「トットちゃん」元伯爵令嬢エミー市川は実在するの?

真瀬樹里が「トットちゃん」で母、野際陽子役!そっくりで驚愕!

祐介ケルナーが死去!最終回は回想場面がいっぱい!ネタバレ感想!

トットちゃんの最終回の再放送や見逃し動画は見れるの?視聴方法は?

おわりに

トットちゃんこと黒柳徹子さんが、「人を疑うことから不幸が始まる」とおっしゃっていましたが、本当ですね。外国人のピアニストでお互いに信じあっているから、40年もの長い間お付き合いが続いたのでしょう。

素晴らしい恋をして、それがずーっと40年間も続くなんて素敵ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする