濱田祐太郎が盲目の理由や原因は?お笑い芸人で困ることある?

今年のR-1決勝は3月6日です。

濱田祐太郎さんという盲目の吉本のお笑い芸人が
出場するそうです。

盲目のお笑い芸人って初めて聞きました。
健常者だって人を笑わせるのは大変なのに、
凄いですね。

濱田祐太郎さんが盲目の理由や原因は
何だったのでしょう?

お笑い芸人をする上で何か困ることってあるのかしら?

今回はR-1 に出場される盲目の吉本お笑い芸人、
濱田祐太郎さんについて調べました!

濱田祐太郎さんが盲目の理由や原因


実は、濱田祐太郎さんは生まれつき
全盲に近い弱視なんだそう。

事故にあったとか、
病気をしてだんだん目が見えなく
なったのではないのですね。

生まれつき盲目なのに小学校、中学校は
普通の健常者と同じ学校に通ったのだそう。

凄い頑張りようですね。

というか、
たぶんご両親の希望だったのでしょう。

それでも偉いです。

私からみたら、普段の生活が
挑戦しているような感じに思えます。

全盲に近い弱視というのは
明るさを感じる程度らしいです。

濱田祐太郎さんの場合は、
左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度
ということです。

R-1で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は
初めてのことです。

漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、
コント日本一決定戦「キングオブコント」、
女ピン芸人NO1決定戦「THE W」の決勝
を見ても初めてだそうです。

史上初。

今年のR―1決勝(3月6日)見逃せませんね。

濱田祐太郎さんの芸とプロフィール

  • 1989年09月08日生まれ
  • 兵庫県神戸市出身
  • 身長と体重は171cm、85kg
  • 趣味はフォークギター、アコースティックギター、フィンガーピッキング、大食い
  • 特技はあんまマッサージ指圧師、針師、自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

趣味が大食いだけあって、特技がお米の炊き加減です。(笑)

趣味のフィンガー・ピッキングってなにかと思ったら、
ギターなどの撥弦楽器を、ピックなどを使わず、
指先と爪を使って弾き演奏する奏法なんですね。

  • 芸歴5年目の漫談家
  • 自らのハンデを自虐的に取り上げるネタ
  • 「あるある」を適度なユーモアを交え、笑いに変える
  • 濱田祐太郎さんが障害を抱えるから、説得力あり

ハンデのあるひとが、あるあるネタで人を笑わせるなんて、
笑っていいいの?と思いながら思いっきり笑ってしまいそうです。

「全盲あるある」は、物議を醸し出しそう。

ユーモアがあっても実際にあったことだと
説得力があって、面白そうですよね。

18歳であんまマッサージ指圧師、
21歳で針とお灸の資格も取得したというから、
いざとなったら、職はあるんですね。

吉本芸能総合学院(NSC)の35期生

スポンサーリンク

芸人をしていて困ることは?

  • 耳だけで客の反応を推し量ること。
  • 長距離の移動

長距離の移動は、同期の芸人や吉本興業の社員に
同伴してもらうこともあるそうです。

7回目の挑戦でつかんだ大舞台な凄く嬉しいそうです。

決勝戦出場者は下のツイッターにある通りですよ。


R-1優勝は一番近い目標なのだそう。

大きな目標はお笑い芸人で生活していきたいといことで、
ぜひぜひ頑張って貰いたいですね。

今年のR-1すっごく楽しみです。

競合もたくさんいるけれど、
濱田祐太郎さん、どうぞ頑張ってくださいね。

濱田祐太郎さんがとてもポジティブな考え方なので、
なんだか元気をもらえそう。

濱田祐太郎さん、応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする