ポンキッキーズ開始から45年で終了報道の理由!次の番組は?

ポンキッキーズは開始から45年もつづいたのに、なんと打ち切り!という終了報道にショックを受けている人達がたくさんいらっしゃいますね。終了報道にがっかりしている気持ち、よくわかります。

そこでポンキッキーズ終了報道の理由を調査しました!

次の番組はどんな番組になるのでしょう?

スポンサーリンク

ポンキッキー終了報道にショック!

ポンキッキーズが開始から45年で打ち切りになるという報道でショックを受けている方が多いですね。45年も続いた番組が終了するというのは、その年月の分だけファンが多いのですから当然惜しまれますよね。

子供よりも親がショックを受けているんじゃないかと思います。

ポンキッキーズを見て育った親世代が一番びっくりしているのかもしれませんね。

ポンキッキーズ終了報道の理由は?

視聴率の低迷

終了理由は当然視聴率の低迷でしょう。開始から45年もたてばテレビの環境随分変わってきています。子供の数も激減しているでしょう。スマホの普及によってテレビ離れも起こっているそう。

小さな子供はまだスマホを持っていませんが、親のスマホでyou tubeを利用して子供向けの面白いコンテンツを選んで視聴できますよね。

you tuberは必死に子供が喜んでくれる内容を作成して稼ごうとしているわけですから、努力を重ねてがんばっていますよね。と感心している場合ではありません。

放送終了反対の裏は?

フジテレビへの批判殺到しているようですが、ポンキッキーズ終了を反対している人の中には、今は見ていないけれど昔見ていたからなくなったら寂しい気持ちになるっていう人が多いんじゃないですか?

現在視聴していないから視聴率が下がっているんでしょう?数十年前の時代に子供だった人の思い出を保つためにフジテレビが犠牲になるわけにはいかないでしょう。

フジはフジなりに地上波からBSにしてみたり、なんとか存続させたいと努力したのだと思います。

裏番組の人気

ポンキッキーズ終了反対が親世代で、子どもたちは裏番組の「プリキュア」や「ポケモン」のほうが観たいっていうなら、やっぱりフジのポンキッキーズは対抗できないってことです。

私個人的には

ポンキッキーズのようなゆるキャラの番組が終了することは私もとっても残念でなりません。個人的には、鋭い感じのキャラクターや才能あふれる能力を持つキャラクターよりもゆるキャラでいやされたいもの。

スポンサーリンク

地上波からBSへ

フジが予算を考えた上で地上波からBS放送に変えたのでしょうけれど、BSって見ている人は実際少ないのではないかしら?地上波でないと子どもたちにはさらに視聴してもらえなかったのかも。。

子供の数が減っている・・・

子供番組の視聴率の低迷の中には、子供の数が減っているというのが大きいですよね。私の住んでいるところでは、小学校、中学校も高校も合併を進めています。会社も合同合併するけれど、少子化で学校も合併あらし。

東京だけ人口は増えているようですが、私の地域では学校の存続さえ危ない。というわけで、少子化の現実をひしひしと感じています。

次の番組へ期待!

次の番組はやはり子供向け番組を放送りもするのかしら?と一瞬思いましたが、ポンキッキーズよりも視聴率の良い子供番組を作るのは無理な感じがしますから違いますよね。

芸能関係のニュースを扱う番組とか、お笑い系の番組とか?朝から思い話は受けないと思うので、爽やかな音楽を流す番組なんてどうでしょう?

アメリカでは暖炉の火が燃え続けるだけの番組が人気があるって聞いたことがあります。冬には良いかもしれません。夏は海の景色を移して、波が寄せては引いていく風景とか・・・

なんだか私、癒やされたいだけの人みたいですね。

ポンキッキーズのキャラクター、ガチャピンムックはこれからもイベントやグッズで活躍できるそうです。ガチャピンムックはフジの象徴として長生きしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする