日大の大塚吉兵衛学長が謝罪記者会見!司会は前とは別の人!

日本大学のアメリカンフットボールで反則行為の指示が監督からあったのかどうか真実を求められています。日大のトップが出てくるのかと思ったら、理事長ではなくて学長の大塚吉兵衛さんが会見を行うことになりました。

日大学長の大塚吉兵衛さんはどんな方なのか調べました。

記者会見の内容と緊急記者会見の理由!

スポンサーリンク

日本大学の大塚吉兵衛学長

大塚 吉兵衛(おおつか きちべえ)さん

  • 1944年(昭和19年)6月19日生まれ
  • 栃木県出身
  • 医学者(歯科医師)、歯学博士。
  • 第13代日本大学総長・学長
  • 元日本大学歯学部生化学講座教授
  • 硬組織再生生物学会理事長
  • 2013年 日本大学学長

歯科医師なんですね。

この1週間いろいろな動きがありました。一連の会見のあとに大塚吉兵衛学長が何を語られるのか?大塚吉兵衛学長は謝罪と、できる限りの質問に答えるそうです。

話を遮ったことで有名になってしまった前回の司会者とは別のかたが司会をするそうです。

前回のひどい司会者から別の広報の男性に!

広報部の男性で、

質疑応答の際に、まだ明確になっていない事項に関してはお答えできないことがありますのでご理解いただけますようお願い致します

と最初に呼びかけました。

会見がスムーズに進むように務めていました。喧嘩腰の前回の司会者とは違ってきちんとされていて良かったです。

 日本大学の大塚吉兵衛学長の会見の内容は?

段取りについての説明がおわったところで、高齢の女性が何かまどろっこしいことをやっているといい出して、会場から追い出されました。

  • あってはならないような危険行為で関学の学生に怪我をさせてしまって申し訳ないと、危険行為を謝っても謝りきれない。
  • 1日も早い回復をお祈りする。
  • アメフト関係者、スポーツ関係者に誤解を招いた。
  • 日大の対応遅れ出ている。
  • 当該学生(宮川選手)を追い込んでしまった。
  • 当該選手が1日も早く学校に戻って欲しい。(卒業の進路まで力を注ぎたい。)
  • 4年生の就職について現場からいろいろな声
  • 信頼を回復したい。
  • より一層フェアフレーに努めたい
  • メンタルケアは各部に担当おらず
  • 責任は本学にある。
  • OBたちからも批判がきている。
  • 学生への負担は避けたい。

会見をみてどう感じたか?

タックルをした選手の会見を見て、真摯に語ったと思う。学部の方から連絡している。本学に復帰して欲しい。

監督コーチについてはこれから調査する。

日大ブランドについて

真摯に受け止めてブランドが落ちないように、努力をして回復したい。

日大のこれまでの対応について

文書での回答だったので日大の対応が遅れた。

日大の責任については今後スポーツ庁に回答していく。

部活の永久停止は考えていない。

内田前監督と井上コーチとの宮川選手への話にはそごがある。

アメフト部の活動は連盟の判断待ち。

部の責任体制のあり方をスポーツ庁からも聞かれている。

教育者としての指導は?ルールを守ることを教育できなかった?

監督、コーチは今まで批判を受けたことがないので、今回は本当にまさかと感じた。

指導者の指導のあり方を今後研修を進めたい。

井上コーチが辞めることには?

学生たちがどう思っているのか意見を聞いて、実情を聞いて対応したい。

田中理事長の会見と謝罪は?

日大理事長の会見がどこまで必要か判断しかねる。

内田前監督は現在入院中。ほとんど食事が喉を通らず点滴を受けて会見に臨んだ。

危機管理部の学生は傷ついていると思うという記者の発言に頷いていました。

内田前監督と直接話したのか?

辞任したいという話はしていたけれど、これから捜査が入るので責任のとり方についてはまだそこまでの話はしていません。操作中のため現時点では差し控える。

緊急記者会見の理由

日大の父母会などからも真摯に意見を聞きたいという声があがった。父母会の会見など受けて急遽会見を考えた。学生を安心させたい。

秋のリーグ戦は自粛する予定

アメフト部の活動は再発防止策などがまとまるまで再開できない。

今回の原因についてはあまり深くコメントできない。

学長としての対応が遅れたことも「責任がある」

宮川選手とは学部長からコンタクトをとっている。

宮川選手からは「勉強したい」と聞いている。近く大学に来てくれるのではないか。

コーチと選手のコミュニケーション不足「世代の違いも影響しているのでは」

学生と指導者、本当の意味でのコミュニケーション成立していなかった。

なるべく数多くの学生と接する機会を日大全学部に求めている。

スポンサーリンク

宮川選手からの聞き取り状況詳細は?

報告は受けていない。

今回の件は今まで経験していないこと。

当初、内田全監督から報告を受けた際は、「部と部で対応をと話した。」

文書での対応にこだわって後れをとったと感じている。

アメフト部コーチ陣の総入れ替え?

コーチ陣を変えるべきだと感じるが、学生たちの意見を取り入れたいと思っている。

前監督らと選手の認識の違い。指導者と学生の乖離が起きないように考えなければいけない。

外部の機関に調査してもらう。

部の指導者と大学幹部の両立の是非は?

真剣に考えなければならない。

関連記事:加害者日大アメフト選手が会見で真実に迫る!タックルは監督の指示?!

おわりに

会見を見ましたが、この学長は事件からは遠い人です。当事者の指導者からの聞き取り調査を徹底的にするのは警察ということですね。

時代の変化に気付いていない上層部の人達はもう戻るポジションはないでしょう。

今回の件ではなくても、不運だったり、自分の力では改善できない状況にいて苦しいこともあると思うけれど、きっと打開できる日が来ると思います。宮川くんの「これからは自分の意志に反してやることはしたくない。」に心から賛成です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする