東海道新幹線で殺人事件!犯人小島一郎の顔画像と犯行理由と生活!

9日夜、刃物をもっている男が東海道新幹線の車内で殺傷事件を起こしました。私も利用している東海道新幹線での殺人事件なので驚きました。現行犯逮捕された犯人は小島一郎です。

小島一郎容疑者の顔画像や犯行理由とどんな生活をしていた人なのかをまとめました!

スポンサーリンク

東海道新幹線「のぞみ」での殺傷事件発生

事件発生はどこ?

9日午後9時50分ごろ、新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ256号」車両内。乗客は約880人。

新大阪行きの終電、小田原で緊急停車しました。

事件は12号車で発生、車両の通路には血痕が連なっていて、数十人の人たちが13号車、14号車へと逃げて行ったとのことです。。

死傷者は?

刃物で斬られ、男性一人死亡、20代の女性2人が重傷を負っています。

追記:30代の男性1人が首など複数カ所を刺されて死亡。ほかに26歳と27歳の女性が頭部や肩に重傷を負いましたが、命に別条はないそうです。

犯行理由は?

小島容疑者は「新幹線の中で殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認めているそうです。

むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているとのことです。

無差別に犯行に及んだということですよね。

乗客の中には・・

なんと9日は東方神起が日産スタジアムで3日間の公演の真中の日だったそうで、たくさんの東方神起のファンたちも乗車していたそうです。

犯人の顔画像!

ツイッターで犯人の姿が投稿されていました。直ぐに警察によって逮捕されたのが良かったです。

犯人は自称22歳の小島一郎です。

スポンサーリンク

小島一郎容疑者の暮らしや生活は?

愛知県岡崎市の小島一朗容疑者(22)の祖母からの話によると、

  • 小島容疑者は市内の病院の精神科に一時入院。
  • 自由に生きたい。それが許されないなら死にたいと言っていた。
  • 今年1月に「旅に出る」と言って自宅を出ていた。

どうやら精神を病んでいたようです。精神を病んでいなかったら、正気だったら、ナタのようなもので無差別に切りつけたりできないんじゃないかと思います。それでも責任能力はあってほしいですけれど。

追記:

  • 小島容疑者は愛知県一宮市出身で定時制高校を卒業
  • 職業訓練校を経て埼玉県内の会社に就職
  • 約1年後に「人間関係が合わない」と言って退職
  • 実家の両親とトラブルがあったため、2016年4月ごろから愛知県岡崎市の伯父方で暮らすようになった。

両親と合わなくても、伯父さんが面倒を観てくれていたのですね。そこは恵まれた環境だったのかもしれません。

  • 小島容疑者は自閉症と診断されて、昨年2~3月には岡崎市内の病院に入院
  • 伯父方では2階の部屋に引きこもってパソコンを触っていた。
  • 「自分は価値のない人間だ。自由に生きたい。それが許されないのなら死にたい」
  • 今年1月に「旅に出る」と言い残し、自転車に乗って自宅を出ていた。

それ以前にも何度か家出したことがあったそうですね。家出してもひとりで暮らせないからまたっ戻ってきたのでしょう。

伯父は、

人に危害を加えることはこれまでなかった。事件を起こしたことは信じられない

と話しています。

その後乗客は乗り換え

のぞみ256号は神奈川県警の捜査などのため、小田原駅で約3時間臨時停車しました。その後、静岡県の三島駅まで移動。

乗客約880人は三島駅で後続の新幹線に乗り換え、10日未明に名古屋駅や新大阪駅に向かいました。

この記事のおわりに

安全だと思って暮らしている日常に、無差別に襲いかかって来て切りつけられつという事件があると、電車に乗るのも怖いですね。みんなが精神が健全で幸せにならないと、自分も安心して幸せに暮らせないのだと思いました。

こういう事件があると、犯人を憎んで、対策を考えると思うんですが、防犯カメラを設置しても、犯人を捕まえることには役立つかもしれないけれど、完全に犯行を防ぐことはできませんよね。

正直に言って、私は自分が幸せになりたいとか自分の子供が幸せになってほしいとか思っても、今まで社会の出来事のことをあまり考えてきませんでした。ちょっと反省も含めて、これからは事件からも人生を学んでいきたいと思います。

世の中のことをもっと考えて生きて行かなければ、自分だけのことを考えていたら、自分も幸せに暮らせないんですね。社会に不満をもっている人がたくさんいて、その怒りを無防備な状態の人に向けて攻撃されるのは困ります。

数か月間、長野市内で野宿のような生活をしていた。犯行当日に出てきた

野宿している間に変な思考状態に陥ってしまったのですね。

助けてもらった女性も、亡くなった方の遺族も、すっきりとしない感情を引きずって生きていくのかと思うと、辛くて疲れます。

追記:

発達障害だったという情報がありましたが、普通と言われる人達の中にもいろいろな人がいます。責任感のない人もいれば責任感のある人もいますよね。発達障害と一言に言っても経験したことによって、その後の人生が変わってくることもあるでしょう。

発達障害の人もまともな人生を全うできるように支え合うことができる環境があるといいです。グレーゾーンの人が増えているともいわれている世の中です。完璧な人間はいないのだから助け合える環境が欲しいです。

両親は責任を投げ出してしまったのか、そうせざる負えないほど心身が健康ではない精神状態だったのか?家族の中だけで解決できないこともあるんだと思います。

なんだかどんどん世知辛い世の中になっていくようだけれど、子供も大人も愛情を求めて生きているんですよね。

いろいろ考えても、結局とりとめのないことしか書けませんでしたm(_ _)m。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高山 より:

    小島一郎の事はもう起こった事だから後戻り出来ない,だからむしゃくしゃして人一人殺しているんだからこんな頭のおかしい奴はたくさんいるんだから生んだ両親とも責任を償い生まれて来たのが間違いなのだから死刑にして死んで下さい.こんな頭のおかしい奴の事件が多すぎる.だから,おかしい奴は施設に入れると言う前に生まれて来たのが親の遺伝か分からないけどおかしい奴は死んで下さい.死なんのなら死ぬようにしてあげるから周りに迷惑かけんようにして下さい.