斉藤由貴auのCM最新が話題に!!「卒業」の作詞作曲は誰?歌詞の意味とは?

ネットで話題になっているのが斉藤由貴さんのauのCM!CM最新は「似てきた母と娘」なんですけれど、このauのCMも人気が出ていますよ。メガネをかけたお母さんがかわいいって。

引用元:amazon.co.jp

ところで斉藤由貴さんが19才の時に歌った「卒業」の作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さんです。歌詞の意味が凄すぎるって話題になっています!作詞作曲が松本隆さん、筒美京平さんの「卒業」の歌詞はどんな意味なのかしら?

スポンサーリンク

auのCM最新は「似てきた母と娘」!!

【公式】TVCM au STAR 「似てきた親子」篇(2017年5月公開)

auのCM最新が面白いって評判になっています!その中でもおもしろいのは、娘役の夏帆さんよりもお母さん役の斉藤由貴さんの方が可愛いとか言われてるところかしら?夏帆さんとっても可愛いんですが、動作や仕草がお母さんのほうが大きくて、笑っちゃうんです。

斉藤由貴さん、明るくてかわいいお母さんですよね。得したいと言う気持ちがまず根底にあって、ポイントにつてauショップの店員さんにいろいろ質問する姿が娘とそっくりになっているんですね。あれ?娘が母親に似てきているというべきなのでしょうか?

だけど、娘さん役の夏帆さんのほうがちょっと冷静に振る舞うんです。このへん私は実感として分るので楽しいですね~。(笑)お母さんの方が乗りが良いというか、はしゃぎ過ぎみたな感じなんですよ。

ちょっと冷静な感じなんだけど、お母さんに似てきている娘役の夏帆さんと、お母さん役の斉藤由貴さんが絶妙な母娘関係を演じていますよね。auの森家シリーズ全部好きだけれど、この「似てきた母と娘」最高です!

斉藤由貴さん「 卒業」作詞作曲は誰?

導入部で書いていますが、作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さんです。

作詞家、松本隆さん

松本隆さんは1949年生まれ。松田聖子さんの「赤いスイトピー」や「渚のバルコニー」などを作詞した方です。松本隆さんはロックバンド・はっぴいえんどの元ドラマーとしても知られています。

松本隆さんは1981年に松田聖子さんの6枚目のシングル「白いパラソル」を作詞してから、1985年の20枚目シングル「天使のウィンク」まで、全ての作詞を担当したそうですよ。松田聖子さん独自のラブファンタジーの世界を築いたのです。

作曲家、筒美京平さん

筒美京平さんは1940年生まれ。堺正章の「さらば恋人」や岩崎宏美の「センチメンタル」や少年隊の「ABC」などを作曲されました。

斉藤由貴「卒業」の歌詞の意味が凄すぎる!!

斉藤由貴さんの『卒業』は1985年にリリースされたデビューシングルです。マツコ・デラックスさんは「卒業ソング」の中で、好きな楽曲は斉藤由貴さんの『卒業』なのだそう。歌詞の内容が学生時代の卒業体験に近いから。

マツコさんが思うには、斉藤由貴さんの『卒業』は、全然感動的じゃなくて、醒めた歌。周りで卒業だと騒ぐ同級生を小バカにした歌詞。『卒業』の「涙はもっと哀しい時にとっておく」という気持ちが自分に近かったのだとか。

歌詞と歌の視聴はこちらからどうぞ。

同級生の仲の良かった男の子のほうが幼くて純粋な感じで、お付き合いしていた女の子のほうが現実の予感を察知するのが早いというような解釈で良いのかしら。

自分以外の女の子は泣いていて、泣かないと冷たいと思われるんじゃないかってちょっと心配しているけれど、でも泣かない。

「淡い初恋からの卒業」という感じの歌ですが、主人公の女の子の気持があまり明るくないというか純粋でない、素直でないようなところに共感を呼んでいるのですね。

もしかしたら、この明るくないところが、ロマンチックではないところが、現実の心情に近いのかもしれませんね。あなたの卒業式はどうでしたか?皆で泣いたの?

実は私は卒業式に泣きませんでした。卒業することよりも卒業したあとの新しい世界の方が期待でいっぱいで嬉しかったから。だから、十分「涙はもっと哀しい時にとっておく」ことができましたよ。

冷めている自分がちょっと浮いているような気がして、それが悲しかったけれど、卒業自体は悲しくなかったんです。私って変わっているのかなぁ?

この記事を読んだ方は下の記事も読んでいますよ!

斉藤由貴auのCMでzoffメガネもウォレットも可愛い!!雑誌に無いダイエット方法とは?!

斉藤由貴 主治医とw不倫?!CMやドラマの今後はどうなるの?

斉藤由貴が尾崎豊と別れた理由と驚愕のフライデー写真!!夫の小井延安の画像はあるの?

尾崎豊、血染めの遺書全文の内容と衝撃の死因とは?!息子の現在に迫る!!

尾崎豊、嫁との馴れ初めと驚きの遺産!!卒業の歌詞の解釈とは?!

この記事のおさらい

  • 斉藤由貴さんの歌「卒業」の作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さんです。
  • 「卒業」の歌詞の意味は、とても客観的に「卒業」を人生のいち過程と見ている感じで、冷めているといってもいいくらい。
  • この斉藤由貴さんの「卒業」という歌は学校を卒業するのだけれど、「淡い初恋からの卒業」という意味にもとれます。
  • auの最新CMは「似てきた母と娘」で斉藤由貴さんが50才とは思えないほど可愛いと大好評!!

斉藤由貴さんには3人お子さんがいらして、1999年生まれの長女、2003年生まれの長男、2004年生まれの次女です。斉藤由貴さんのようなお母さんって家庭ではどんなかんじなのかしら?きっと、楽しくて、明るくて、いいお母さんなんですよね。

斉藤由貴さん、これからも応援しています!

以上、「斉藤由貴「卒業」の作詞作曲は誰?歌詞の意味とは?auのCM最新が話題に!!」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする