佐々木希アメトークで渡部と結婚って本当?!実家はお米屋って噂だけど、どこにあるの?!

佐々木希さんは嵐の二宮和也さんとも熱愛噂がありましたが、現在はアンジャッシュの渡部健さんとお付き合い、破局、お付き合い、同棲?!しているらしく、ファンとしては祝福したいけど、結婚するのかどうか気になりますよね!

引用元:topcoat.co.jp 秋田県出身で色白の女優さんといえば佐々木希さん!ホントお綺麗ですね!

プロフィールにあるようにご実家は秋田県秋田市なのですが、お米屋さんってどこのお店なのかしら?それとも、秋田はお米が美味しくて、お米の生産地だから、きっと佐々木希さんのご実家はお米屋さんに違いない!って誰かが思い込んでしまったのかしら?

スポンサーリンク

佐々木希さんのプロフィール

名前:佐々木希(ささきのぞみ)
出身地:秋田県秋田市
生年月日:1988年2月8日
身長:168cm
デビュー:2006年
所属事務所:トップコート

秋田県出身なんですね。お米がおいしそう。実家がお米やさんっていうのは本当なのかしら?

2012年にファッションブランドの展示会で意気投合したのがお付き合いのきっかけだとか。2015年には渡部さんが「結婚の予定は全くありません。」と答えたことから、破局説が流れ、2017年には同棲していて、結婚秒読みと報じられています。

急展開ですよね。佐々木希さんのようにきれいな方がご結婚されたら、ファンはちょっと寂しいかもしれませんが、祝福してあげますよね!心の準備はOKですか?

佐々木希アメトークで笑顔振りまく

佐々木希さんが、お笑いコンビ雨上がり決死隊がMCを務める大人気バラエティ・トーク、アメトークに出演。渡部建と二人同時に出演かと期待したら、アンジャッシュ・渡部建さんが欠席されるという事態に。

でもさすが佐々木希さん、にこやかな表情で他の出演者からの質問やいじりに応えていました。そうなると、順調にお付き合いが進んでいるのだな、と考えてしまいますよね。もしも別れていたら、演じきれずに引きつってしまうこともあるでしょう?

いくら女優さんでもそこは乙女心ですから、涙ぐんでしまうことだってあるかもしれません。だけど始終笑顔で返すということは、お付き合いも笑顔で進んでいるということですよね!

「行列のできる法律相談所」でも、共演しても可笑しくない状況なのに、佐々木希さんが出演される時は渡部建さんは出演されなかったということでした。共演NGなんですね!共演したら、お付き合いがバレちゃう?否、もう皆さん知っていますから。

渡部建さんって、どんな美人さんだろうと必ず落とせるという自信があるらしいです。人の心理を読んだり、喜ばせたりするのが上手ってことかしら?お笑い芸人さんは一緒にいて楽しいでしょうし、渡部建さんは格好いいタイプだからモテるんですね。

絶対に自分のことを好きにさせられるっていう自信のある人って凄いです。性格の違う相手に対して違うアプローチをして自分のことを好きにさせるんですよね。誰か女の人が渡部建さんのことを好きにならないでフッてごらん!

ごめんなさい。(._.)変なこと言って。

スポンサーリンク

実家は何処にあるの?

佐々木希さんの実家はお米やさんではないかと噂がありますが、秋田県秋田市なのでそんな風な噂がたったようですね。お米やさんではなくても、きっと秋田の美味しいお米を食べて育ったんですね。

秋田には色白美人が多いといいますが、佐々木希さんも色白の秋田美人です。冬が長くてあまり太陽の光に当たらないからなのか、湿気があって寒いのがお肌には良いのか、お肌の綺麗な方が多い秋田県。

以前の佐々木希さんのブログではお母様とのツーショット写真が載っていて、お母様もやっぱり、色白で美人さんでした。そんなにきれいな肌になれるのなら、秋田県に住みたくなってきてしまいました。今からでは遅いかしら?

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいますよ!
佐々木希と渡部建の結婚式は何日で都内のどこ?披露宴ドレスは何色?

この記事のおさらい

  • 佐々木希さんの現在の恋人はアンジャッシュ・渡部建さんです。
  • 只今同棲中という報道がされていて、結婚に向かって進んでいるらしい!
  • ご実家は秋田県秋田市で、やっぱり、あの色白美人が多いと有名な秋田でした。
  • お米やさんというのはデマっぽいです。

佐々木希さんのお綺麗なところにも、うきうきしますが、渡部建さんのモテっぷりにも驚嘆しました。15才年の差があったら喧嘩にならなくて良いと思います。渡部建さん、決断のときがやってきた?!

佐々木希さんのお母様も秋田美人でしたが、秋田でお米屋さんはしていないようです。きりたんぽ鍋を冬になったら食べていらしたのかしら?故郷が懐かしくならないのかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする