香取慎吾のジャポニスム2018ルーブル美術館!開催期間と作品!

香取慎吾さんがパリ・ルーブル美術館で個展「NAKAMA des ARTS」を開催します。香取慎吾さんの絵は独特で素晴らしいと思っていましたが、個展まで開くということで、しかもパリで!!凄いですね。

「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画ということで、さまざまなジャンルが紹介されるそうですよ。

ジャポニスム2018のルーブル美術館開催時間やどんな作品が展示されるのか調査しました!

ジャポニズム2018

日本とフランスの両国が連携して、芸術の都フランス、パリを中心に世界にまだ知られていない日本文化を紹介する複合型文化イベントです。

香取慎吾さんがジャポニズム2018広報大使に就任しました!

パリ・ルーブル美術館の「NAKAMA des ARTS」開催期間は?

  • 2018年9月19日(水)から10月3日(水)

会場はルーブル美術館、シャルル5世ホールです。「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」がコンセプト!

香取慎吾さんの展示作品

展示される作品はまだ公表されていませんが、香取慎吾さんがどんな絵を描くのかは知っていますか?

カラフルでちょっとごちゃごちゃした感じの絵なんですよ!

以前書いた記事にたくさん画像が載っていますので御覧くださいね。
香取慎吾の絵画才能と作品評価とは?パラリンピックの絵と闇の黒うさぎが心理学的にヤバイ?!

香取さんの作風はアウトサイダーアートといわれていますが、理解されにくいでしょうか?ほとんどの絵がカラフルで綺麗な絵だと思いますが、空想の世界が広がっているような感じです。

スポンサーリンク

世間の反応は?

喜んでいるファンと、それから中には批判しているツイートも発見!

これ香取慎吾さんへのコメントですよね。


なかなか厳しいですね~。それから下のツイッターもちょっと辛辣。

このイベントは日仏友好160年を記念して、今年7月から2019年2月にかけて行われる「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画。

ルーブル美術館を含めパリ内外の100近くの会場で、美術だけではなく歌舞伎やアニメ・マンガ・現代演劇などさまざまなジャンルが紹介されるのですから、何かの賞を受賞したとかではなくて、友好イベントです。

香取慎吾さんの絵が紹介されるのは素敵なことですよね。アート作品だけではなく香取慎吾さんお気に入りのファッションも展示されるそうです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック前に日本のあらゆるジャンルの文化を発信するのは楽しいし、大切なことですね。

この記事のおさらい

  • パリ・ルーブル美術館の「NAKAMA des ARTS」開催期間は2019年9月19日(水)から10月3日(水)です。
  • 作品はパラリンピックで展示されたような感じの絵だと思います。

香取慎吾さんの絵が展示されることについては賛否両論ですが、日本の文化を紹介する楽しいイベントですから、芸能人のアートというジャンルで良いのではないかしら?

以上、「香取慎吾のジャポニスム2018ルーブル美術館開催期間と作品!」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする