T-BOLANボーカル森友嵐士の現在は病気克服!!病を乗り越えた上野と森友の家族愛?!

T-BOLANは1991年にデビューして一世を風靡したけれど、ボーカルの森友さんが喉の病気で活動停止状態でした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

ベースの上野博文さんが膜下出血で倒れるも、奇跡の復活!!これからアルバムの発売とツアーコンサートに燃えるT-BOLANです!

スポンサーリンク

デビューから活動休止を乗り越えて

1991年にデビューしたT-BOLAN。「離したくはない」「マリア」などヒット曲を連発しました。だけどボーカルの森友嵐士(51)さんが心因性発声障害となり1995年から活動休止状態になり、1999年に解散しました。

歌手にとっての生命となる声が出ないなんてどれほどショックっだったかしら?精神的にこれを乗り越えるのは大変ですよね。

森友嵐士さんののどが完治したのでまだやっていなかった解散ライブを2014年に行いました。そのままフェードアウトしないで食らいついて活動をするあたりの心意気に感動します。

2015年にベースの上野博文さんがくも膜下出血で倒れて高次脳機能障害を発症しますが、家族の献身的な看護もあり奇跡の復活を果たします。退院したときの夢が「ステージに立ちたい」でした。

それで昨年大みそかにカウントダウンライブを開催したT-BOLAN4人。なんと2017年に再始動を決意しました。

4人組ロックバンド、T-BOLANが21年ぶりに新曲を制作します!8月16日発売のベスト盤「T-BOLAN~夏の終わりにBEST~LOVE SONGS+1&LIFE SONGS」に収録されます。

それぞれの道を歩みつづけていても、家族のようにまた4人が集まり夢を実現させていく姿に感動します。病気になって克服したり、または病と付き合いながらも前進していく姿に自分も頑張らなくちゃいけない、と奮起する刺激をもらいました。

森友嵐士さんの「みんなの笑顔に会えるのを楽しみにしてるよ」が心に響きます!

この記事のおさらい

  • T-BOLANはボーカルの森友嵐士さんの喉の病気で活動休止に追い込まれていた。
  • なんと再結成のきっかけが、ベースの上野博文さんが病気を克服したこと。
  • 森友嵐士さんはSMAP解散につては、プラスになりこともあるとコメントしていました。

T-BOLANの活動がまるで人生を象徴しているようです。人間は皆、病気になることもありますし、寄る年波には勝てないところもあるけれど、それでも前進していくところ、グループ愛、家族愛を感じさせられて元気になります。

T-BOLANさん、ご活躍を応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする