上原さくら大学友達と目撃情報に驚き!!週刊ポスト袋とじ内容と美ボディ画像!!

上原さくらさんは自分が大学へ行って勉強をしたいと思い立って、猛勉強をして大学を受験したんですね。大学の帰り道にお友だちと食事をしたりして、上原さんは、年齢を超えた友達ができて嬉しそう。目撃情報はあるのかしら?

引用元:https://ameblo.jp/uehara-sakura/entry-12299758951.html

上原さくらさんの週刊ポストの袋とじの内容ってどんなの?美ボディ画像が噂されているけれど、上原さくらさん、いろいろなことに挑戦していて前向きですよね。

以前は精神的に落ち込んで病院に入院したこともあるらしいけれど、いくつになっても立ち上がってやり直せる上原さくらさんの姿が皆に勇気を与えていると思います。

スポンサーリンク

上原さくら大学友達と目撃情報に驚き!!

上原さくらさんは中学、高校時代に遊んでいて勉学をしなかったのだそう。それで大学にも当然行きませんでした。勉強をしなかったことがコンプレックスになっていた上原さくらさんは、家庭教師を付けて猛勉強。

どこの大学?

2015年に東海大学文学部英語文化コミュニケーション学科へ進学しました。学業を優先させつつの芸能活動も再開!どんどん前向きに挑戦していきますね。上原さんは 1977年3月31日生まれなので、38歳のときに入学したってことですね。

「第19回英語スピーチコンテスト」(東海大学外国語教育センター主催)で東海大学新聞賞を受賞したなんて、凄いですね。そのときの写真はこれです。

引用元:http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/shonan/news/detail/19_2.html

自信もついて、勉強も頑張ったかいがありましたね。スピーチの内容は「Age Means Nothing!」でした。年齢は重要じゃない!

大学に友達いるの?

お友だちと食事している写真をブログで紹介してもお友だちのお顔は大きなハートで隠してあるから見えないけれど、年齢を越えて気の合う友達ができるのってよいですね。

有名人だと普通に友達を作るのも難しいと思うんですよ。だって相手の学生は、有名人だから寄ってくるって思っていないかしら?とか、年齢が離れているから話が合わないかもしれない、とかいろいろ考えてしまいそうだから。

目撃情報は?

大学での目撃情報がネット上でゼロっていうのも面白いですね。東海大学のサイトに載っていて賞をもらっているくらいだから、東海大学の学生なんだけれど、それを騒いでいる学生さん達はいらっしゃらないということでしょうか?ちょっと驚きです!

大切な友達の情報から

上原さくらさんは遠藤 憲昭 (2003年 – 2009年)と青山光司 (2011年 – 2013年)との2度の離婚を経験していらっしゃいます。泥沼離婚になったとかで精神的に不安定になって半年くらいのことが記憶にないらしいです。

自殺未遂もあって、病院の精神科では部屋に鍵がかかっていて中からは出れない状態だったとか。このどん底の頃に励ましてくれていた友人のひとりが突然亡くなったらしいです。

死んでも構わないと思っていたけど、それがどれだけまわりを悲しませるのかわかっていなかった。 私はこれまでたくさん周りに迷惑をかけてきた。なのに、勝手に死ぬなんてダメだと痛感しました。 家族や友だちが安心してくれるようにならないと。そう思ったことが自分を変えてくれた気がします。

こんなふうに感じて、それから大学受験をしたり、お仕事を再開したりされたんですね。このように友達に起こったことの体験が上原さんの考え方や行動を変えたことに、こころを打たれました。

スポンサーリンク

週刊ポストの袋とじ内容と美ボディ画像

2017年4月24日発売の週刊ポストで袋とじに登場!!イメージは下の写真ですって!!

引用元:https://ameblo.jp/uehara-sakura/imagelist-201704.html

引用元:https://ameblo.jp/uehara-sakura/imagelist-201704.html

引用元:https://ameblo.jp/uehara-sakura/imagelist-201704.html

上原さくらさんが40歳になった時に、清水清太郎氏に撮影を申し込まれたのだとか。40歳の記念にと思って撮影した写真があとから袋とじになるって決まったそう。はじめから決まっていたのではないんですね。

ちょっと普通の袋とじのイメージとは違うかもみたいな雰囲気も漂わせたブログコメントですが、可愛い上原さくらさんに出会いたい方は上原さくらさんのブログにも数枚アップしているのでブログを御覧くださいね

撮影前エピソード

「私…コンプレックスだらけなので、絶対に脱げません」 とカメラマンの清水清太郎さんにヌードを断ったそうですよ。だけどお返事が 「誰も、脱いだとこを期待してません」と返答されて穴があったら入りたいほど、恥ずかしかったとか。

この記事のおさらい

  • 友人の死から学んだことで上原さくらさんは自分が変わった。
  • 2015年(38歳のとき)に東海大学文学部英語文化コミュニケーション学科へ進学
  • 「第19回英語スピーチコンテスト」で東海大学新聞賞を受賞
  • 気の合った友人がいることはブログにかいてあるけれど、大学での目撃情報などは無かった。
  • 週刊ポスト袋とじ内容と美ボディ画像は40歳の記念となる素晴らしい出来とご本人も満足!

人生、生きているといろいろな思ってもみなかったことがありますよね。精神的に上原さくらさんほど病んでしまった人は少ないと思うけれど、一度こんな経験をしてもまた元気になって暮らせるよになるんですね。

たとえ恥ずかしいほどの失敗をしてしまっても、とことん落ち込んでしまっても、また立ち上がって前向きに人生を歩む意志があれば、いつでも自分を変えられると思うと、とても勇気がでます。

他人は変えられないけれど、自分は自分次第で変われるんですね。
上原さくらさん、これからも応援しています!

以上、「上原さくら大学友達と目撃情報に驚き!!週刊ポスト袋とじ内容と美ボディ画像!!」でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする