ジンバブエのクーデター 理由が凄い!!大統領選挙への地固め?!

今月始めにジンバブエでクーデターが起こったそうだけど、軍部は否定しているらしいです。アフリカの南にある国のことですから、遠い国のことで、日本ではあまり知られていませんよね。

ジンバブエで政変が起こったのかな?というくらいの認識でしたが、ちょっと気になってジンバブエのクーデターの理由を調べてみました。そうしたらびっくりする事実が出てきたのです。

それからムガベ大統領が後継者の地固めをしているらしいです。上手くいってるとは思えませんが。その辺も本文を読んで下さいね。

スポンサーリンク

国民は大統領辞任を望んでいる!

アフリカ大陸の南、南アフリカ共和国の上にある国、ジンバブエ。

引用元:http://africa-rikai.net/data/ZIMBABWE.html

ジンバブエでは、軍事クーデターと見られる動きが起こっていて、ムガベ大統領と家族が自宅に軟禁状態に置かれています。

軍部はクーデターを決行したわけではないと否定していますが、現在は軍部がジンバブエを支配しているようです。装甲車などを道に配備しています。

ロバート・ムガベ大統領はどんな人?

  • 1980年 民族運動のリーダーとして独立を実現。
  • 建国の父と呼ばれ、以降、権力の座にあった。
  • 十数年間経済政策の失敗が続く。
  • ハイパーインフレ (通貨の価値がどんどんなくなっていく」

経済政策の失敗はあるけれど、民族運動のリーダーだったのですね。自由を勝ち取るときのリーダーがそのまま国を成長させることが得意ではなかったということでしょうか。

ハイパーインフレとは?

ハイパーインフレってどういうものなのかというと、2009年に発行された通貨では、ゼロが14個並んでいます。100兆札ですよ。100兆ドル!?下のお札のゼロの数を数えてみてくださいね。

引用元:https://www.amazon.co.uk

300兆ドルで1円くらいの価値なんだそう。何億札、何兆札とお金をどんどん刷っていったのだとか。それでも物価があまりにも急上昇して、お金を刷ってもその途端に価値がなくなるって、すごい状況ですよね。

国民の不満が溜まるのは当然です。

クーデターの理由はムガベ大統領の政策が変わった?!

ムガベ大統領は今93歳(世界最高齢の大統領)なので、新しい大統領が出て来てしかるべきって感じですよね。ムガベ氏って、とんでもなく若く見えますね。

1980年ジンバブエが独立して以来ムガベさんは政権の座に40年間もありました。欧米諸国からは無慈悲な独裁者として批判されています。ジンバブエでは未だに多くの人が自由のために戦った闘志だと言っています。

イギリスの植民地だったけれど、1980年にようやく独立したのです。最初は黒人と白人の融和政策を打ち出して、豊かな農業国家ですから、農産物を輸出して外貨を稼いでいたそうです。

ところが、その後政権の汚職問題や大統領の権力の私物化などで国民が反発したのですね。

  • 国庫は空っぽ
  • 輸入するための外貨もまったくない
  • 不満を弾圧して抑えた

これらから国民や野党の不満をかわすために、白人を追い出すことに。

  • 2000年 白人の農園主を強制的に追い出す。
  • 農地を取り上げる。
  • 黒人に分配する。

大混乱がおきました。それでも2年前のインタビューでは下記のように言いました。欧米諸国から独裁者と言われることに対してどう思いますか?という質問に、

私は独裁的ではない、反帝国主義者なんですよ。

この意味は、欧米諸国がアフリカなどを植民地にしたけれど、私はそういうことに反対です。(欧米諸国のような)帝国主義者は自分の国民から支持されている(私のような)人をみると独裁者と言うんですよ。

的外れな回答ですよね。独立直後ならともかく、30年以上も自分の国を不安定にしてきた大統領が「帝国主義者が悪い」、「私は帝国主義者ではない」、というのは変ですね。しかも国民から支持されていなのに、支持されているといいきるあたり、したたかです。

スポンサーリンク

2018年に大統領選挙

大統領選挙の地固め

ジンバブエでは来年大統領選挙があるので、権力闘争が強くなっているようです。

ムガベ大統領は自分の副大統領をクビにしたらしいです。副大統領というのはムガベ大統領の後を継ぐと考えられていた人ですよ。エマーソン・ムナンガグワ氏です。

なぜ副大統領をクビにしたのかと言うと、43歳年下の自分の妻、グレース夫人を後継者にしようとしているからです。ムガベ大統領は副大統領を辞めさせてグレース夫人を後継者にする地固めをしていたのです。

グレース夫人は政治的野心のある女性です。ブランド物が大好きで、GUCCIグレースと呼ばれているのだとか。

国民が大統領選挙でグレース夫人を選ぶとは思えませんよね。やはりエマーソン・ムナンガグワ氏が大統領に就任するとみられています。

中国との関係

中国が唯一、ジンバブエの金鉱山に投資していてジンバブエを支援しています。

大統領がどちらになっても中国は困りません。

ムナンガグワ前副大統領も中国と仲良しなので、中国はヌナンガグワ氏でもグレース夫人でも、どちらにころんでも状況が変わらず、余裕の態度をとっているそうです。

この記事のまとめ

  • ロバート・ムガベ大統領の経済政策は失敗し、ハイパーインフレをおこした。
  • ムガベ氏の汚職や権力の私物化
  • 黒人と白人の融合した社会から、白人から強制的に農園を取り上げる政策へ
  • 副大統領を解雇してグレース夫人を後継者へとたくらむ
  • 大統領選挙は来年

ジンバブエのようにハイパーインフレを起こしたら、人々の生活が本当に困りますよね。日本は安定した国だとあたらめて思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする