いきなりステーキのハンバーグレシピが知りたい!パン粉なしで作ってみたら?!

「いきなり!ステーキ」のワイルドハンバーグって美味しいです!ワイルドステーキが肩ロースですから、牛肩ロースの挽肉でつくったのがワイルドハンバーグってことです。

「いきなり!ステーキ」のハンバーグレシピは公表されていませんが、つなぎがほとんど入っていないと思います。パン粉が入っていないのは糖質制限ダイエットをしている人には嬉しいですよね。そこでパン粉を入れないで卵だけをつなぎにしてハンバーグを作ってみました。

ところで、「いきなり!ステーキ」のハンバーグはマイレージが付くの?

スポンサーリンク

「いきなり!ステーキ」ワイルドハンバーグふうに作ってみた!

ひき肉300gx2個

ハンバーグを耐熱皿にのせ電気グリルで焼きました。

たっぷり「食べるタマネギドレッシング」をかけて

パン粉もタマネギも入れてないけれど卵を1個使ったのでそれがつなぎになったみたいです。硬めハンバーグでした。タマネギは少し入れた方が良かったかな?

「いきなり!ステーキ風」ワイルドハンバーグふうレシピ!

「いきなり!ステーキ」のハンバーグは私のように糖質制限ダイエットをしている人にはつなぎがほとんど材料にはいっていなくて良いですよね。パン粉を入れずに卵のみのつなぎで作ってみました。

卵アレルギーの人には無理ですが、卵の味は分かりませんから、肉肉しいハンバーグができますよ。

  • 牛挽肉300gx2
  • ナツメグ 適量
  • 塩 適量
  • あらびきこしょう 適量
  • 卵1個

ふつうの胡椒ではなくて粗挽き胡椒にするだけでもお店で食べてるハンバーグふうになります。

通常のハンバーグのようにパン粉を30g入れたら糖質18gになります。牛乳をかけてパン粉をふやかしたら、牛乳は100mlで約5gの糖質です。パン粉と牛乳を使わないと糖質がほとんどないハンバーグができますね。

  • 牛挽肉600gの糖質は3g
  • 卵1個の糖質0.2g

耐熱皿を使って、電気グリルで焼いてみました。この方がフライパンで焼くよりも上からも下からも焼かれるので火が通りやすいと思って上下グリルを使いました。

それから耐熱皿にのせて焼けば型崩れもしないし、ひっくり返さなくても良いので、簡単です。

私は料理が得意な方ではないので(チャレンジはしますが・・)お薦めの「いきなり!ステーキ」ワイルドハンバーグふうなハンバーグがありましたら、是非、ぜひコメント欄から投稿して教えてくださいね。

「いきなり!ステーキ」の大ファンですが近所にないので、家ご飯レシピで代用です。お店で食べる方が何倍も美味しいと思いますが・・・

NHKガッテン牛肉100パーセントハンバーグのレシピ

NHKガッテンの牛肉100パーセントハンバーグのレシピはこちら!

NHKガッテンの牛肉100パーセントハンバーグ

【材料】

  • 牛ひき肉  ・・・100g
  • 水 ・・・大2(30g)
  • 砂糖  ・・・1g
  • 塩  ・・・1g

【作り方】

  1. 砂糖・塩をすべて水に混ぜ、溶かしておく。

  2. ボウルにひき肉を準備し、1を入れひき肉の粒をつぶさない(練らない)ように全体を混ぜ、10分浸水させる。

  3. 浸水が終わったひき肉全体をサッと混ぜ、軽く叩くように成型する。厚さ1㎝になるようにしてフライパンにのせる。

  4. 火をつけて強火で2分ひっくり返して2分、火を消しフタをして5分放置して出来上がり。

100gと小さいですが美味しそうですね。さすがガッテン!

スポンサーリンク

この記事のおわりに

  • いきなりステーキのハンバーグにもハンバーグのグラム分のマレージはつきますよ!

ところで「いきなり!ステーキ」の通販がありますね。通販にはマイレージはつきません。だって誰が食べるかチェックできませんもの。

いきなりステーキ ワイルドハンバーグ300gソース付き10個セット 送料無料

おおっ!

やっぱりいきなりステーキのワイルドハンバーグが食べたい!通販ならまとめ買いできますね。生のハンバーグが冷凍で配達されます。

  1. 冷凍ハンバーグはまず解凍します。
  2. フライパンで両面をほどよく焼き色をつけてから弱火にして蓋をします。
  3. 完全に中まで焼き上げてから余分な油を捨てて、添え付けのオニオンソースをかけます。

「いきなり!ステーキ」のハンバーグを購入した方は、せっかくのお店と同じハンバーグですから、焼くときに失敗しないように気を抜かないでくださいね。私は気を抜くと失敗します。

関連記事:いきなりステーキハンバーグの焼き加減は?豚肉でないから生焼けでも大丈夫?

美味しく食べてね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!