いきなりステーキで糖質制限おすすめメニューはヒレやハンバーグ?

いきなりステーキで糖質制限ダイエットにおすすめなメニューは脂身の少ないヒレ肉とか、肉よりも軽い感じがするハンバーグかな?って思う人が多いと思います。本当にそうなのかしら?

いきなりステーキを糖質制限ダイエットしている人が食べに行ったらソースはどうすれば良いの?厳密に言ったらソースの方が肉よりも糖質があるんですよね。

糖質制限ダイエットしている私は夜もがっつりステーキを食べていますよ~。

スポンサーリンク

いきなりステーキで糖質制限ダイエットにおすすめなメニューは?

コーンをブロッコリーに替えて

いきなりステーキで糖質制限ダイエット食を食べるなら

  • ライスを抜きにしてコーンをブロッコリーに替える

というのがおすすめなメニューですよ。

お肉にある脂身は糖質はありませんから、そこは心配いりません。

ライス(150g)は252kcal、糖質55gです。ライスを抜くとダイエットには効果抜群ですね。

いきなりステーキ糖質制限ダイエットにヒレのステーキ

ダイエットをしている人には脂身の少ないヒレ肉が人気です。もちろんヒレ肉は糖質制限ダイエットにも嬉しい部位です。

  • ヒレステーキ300gで糖質は約0.9グラム

こんなに少ない糖質なら全く問題ありませんね。ちなみに私の大好きなリブロースのステーキの糖質は?

リブロース300gで糖質は約0.6グラム

これでもうおわかりだと思いますが、お肉は糖質が少ないので、部位は気にせずに好きな部位を食べても大丈夫です。お肉に痩せる部位というのはありませんから。

毎回同じ部位だと飽きてしまうのでいろいろな部位を注文して楽しみたい!という希望がまかり通るのが嬉しくてたまりません。いきなりステーキで毎回別の部位を注文したり、お気に入りの部位を続けて頼んだりするのに、糖質を心配することはありません。

牛肉は糖質量が圧倒的に少ないですね。

いきなりステーキ糖質制限ダイエットにハンバーグ

ハンバーグは普通のハンバーグですと、パン粉や小麦粉などのつなぎがかなり入っていますからその分糖質が増えます。だけどいきなりステーキのハンバーグは食べた感触からしてつなぎがほとんど入っていません。

いきなりステーキは糖質量を公表していませんから推測となりますが、ワイルドステーキをひき肉にしてハンバーグの形に形成して焼いたのがワイルドハンバーグと考えると、ワイルドステーキ300gが糖質1.2gなので、ワイルドハンバーグの糖質は?

  • ワイルドハンバーグ300gの糖質は1.2g

実際には少しはつなぎのような材料が入っていると思いますからこれよりは糖質があるでしょうけれどね。食べた感じも美味しい肉肉しいハンバーグステーキで、柔らかい感じのハンバーグではありません。

ランチではミニサラダをお新香に替える

意外と知られていないのが、ランチセットメニューでサラダをお新香に替えること。ミニ生サラダは糖質少ないですが、ドレッシングをかけるとドレッシングに糖質が含まれています。

それならいっそのことお新香にしよう!という成り行きですね。

ミニサラダとお新香の糖質は1.2gから1.3g。

スポンサーリンク

いきなりステーキ糖質制限を夜もがっつり!

糖質制限ダイエットをしている友達のおしゃべりから判断すると、糖質制限をしていても朝とか昼に多い量を食べて夜は少なめにしている人はあまりいませんね。逆に朝はコーヒーのみだったりします。

私の場合には朝食もしっかりととりますよ。食べるのが好きなので。

いきなりステーキではランチタイムのみスープ、ミニサラダ、ライス付きのランチメニューになりますが、夜はライスを注文しなければついてきません。ランチメニューはセットになっているとはいえ、ライスを抜くと100円引きなところが良心的だとおもいます。

こういうところも糖質制限ダイエットをしている人からいきなりステーキが好かれる理由でしょう。だって大抵のレストランではランチセットメニューでライスを抜いても100円引きしてくれませんもの。

夜メニューはライスを注文しない人も多いから、ライスを食べないのが自分だけでなくて居心地が良いです。

関連記事:いきなりステーキカロリー表示とランチ乱切りの魅力!ワイルドステーキとハンバーグも好き!

この記事のおわりに

がっつりとステーキを食べてスタイルも良く、タンパク質を摂取して身体も心身共に元気で過ごすのが目標です!人生100年時代と言われていますから、年を重ねても美味しくステーキを頂いて健康に暮らしてゆきたいです。

ステーキが大好きなので、ステーキを一緒に食べるお友達が欲しいな~。

関連記事:いきなりステーキ 持ち帰り可能店舗はどこ?持ち帰りメニューはあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!