皇居 予約なし無料開放で入れる場所は?東御苑で飲食できる?

計画的に皇居見学したり、一般参賀に参加したりするのではなくて、急に思い立ってふらっと皇居に立ち寄って、公園でゆったりとするように過ごしたい方は、皇居の東御苑へ行きましょう!

皇居の東御苑は予約なしで無料開放している場所です。周りに見える高層ビルとは別世界の芝生と緑の木々に囲まれた東御苑。ところで東御苑で持ち込みで飲食できるのでしょうか?

また皇居に飲食できるレストランはあるのかを知りたい方はどうぞ記事をよんでくださいね。

皇居 予約なし無料開放で入れる場所は?

  • 無料開放しているのは東御苑と外苑です。

皇居東御苑は(旧江戸城跡)庭園として整備されたものです。入園は無料なので何度でも気軽に立ち寄れるところが魅力ですね。

皇居全体の地図はこちら!

皇居全体図

皇居東御苑の地図はこちら!

皇居東御苑略図

泥酔者は入園できません。それから動物も入園できないので、犬のお散歩は東御苑には入園できませんよ。

⇨皇居東御苑は犬連れ禁止ですが、外苑ならOKの記事!

植物を採取したり損傷したりすることや喫煙所以外での喫煙も禁止です。

百人番所

皇居 東御苑に入園できる日

  • 月曜日・金曜日以外の曜日を公開
    (月曜、金曜でも国民の祝日等の休日は公開)

月曜日が休日で公開する場合には火曜日が休園になります。

  • 12月28日から翌年1月3日までは休園

年末年始は東御苑は休園ですね。それから行事や工事などで差し支えのあるときには休園になります。

皇居 東御苑に入園できる時間

公開期間と時間はこちらです。

  • 3月1日~4月14日  午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
  • 4月15日~8月末日 午前9時~午後5時       (入園は午後4時30分まで)
  • 9月1日~10月末日   午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
  • 11月1日~2月末日   午前9時~午後4時       (入園は午後3時30分まで)

開園時間はいつでも午前9時からですね。季節によって閉園時間が午後4時から5時の間で異なります。

皇居 東御苑の出入り口

  • 大手門・平川門・北桔橋門

出入り口の門は3つあります。

入園の手順

  • 入園時に窓口で入園票を受け取り、退園時にその入園票を返却する。

入園票を紛失しないようにしまっておいてくださいね。

駐車場はあるの?

  • 各門(大手門・平川門・北桔橋門)とも駐車場はありません。

電車で行きましょう。

電車で降りる駅は下の表をごらんくださいね。

東御苑大手門へ

  • 地下鉄各線の大手町駅(C13a出口)から約200m(徒歩約5分)
  • 地下鉄千代田線二重橋前駅(6番出口)から約700m(徒歩約10分)
  • JR東京駅(丸の内北口)から約1,000m(徒歩約15分)

東御苑の平川門へ

  • 地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から約200m(徒歩約5分)

東御苑の北桔橋門へ

  • 地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から約400m(徒歩約5分)

歩いて5分なら駅から直ぐ近くですね。

皇居 東御苑で飲食できる?

天守閣

お弁当持参でも良いの?

東御苑公開要項に飲食の禁止事項はありませんからお弁当持参でも大丈夫です。実際にシートを敷いてお弁当を食べていらっしゃる方を見かけたこともあります。

それでも他の公園に比べるとお弁当を広げている方は少ないです。飲酒は禁止ですからお昼にお弁当持参で宴会をすることはできませんよね。

飲食を禁止はされてはいないけれど、ピクニックするような気持ちで行くのではなくて、自然の木々や花を見たり、散策を目的にして過ごされる方が多いのでしょう。

スポンサーリンク

東御苑に飲食できるレストランはあるの?

東御苑にレストランはありませんが、東御苑のお隣の皇居外苑には楠公(なんこう)レストハウスがあって、お弁当形式のお食事ができます。

⇨外苑にある楠公レストハウスお食事の記事はこちら!

東御苑本丸では皇宮警察音楽隊によるランチタイムコンサートをやっているとき(雨天中止)もあります。不定期なのでミニコンサートが聴けたらラッキーですよ!

近くで仕事をされている方がお昼に散歩に来たり、レストランはないけれど池の前や坂の上でお弁当を食べたりして過ごすのも良いですね。慌ただしい日常から一瞬遠ざかれます。

この記事のおさらい

二の丸の庭園 花菖蒲 

  • 東御苑は無料開放されていて、月曜と金曜日は休園。
  • 東御苑にはお弁当持ち込みで飲食はできるけれどレストランはない。
  • 東御苑に犬は連れて行けない。
  • 外苑には楠公レストハウスがあってお弁当形式のお食事ができる。

皇居には自由に入れる場所もあるので、大きな公園に行く感覚で立ち寄れるところが魅力ですね。建物の見学や一般参賀などの並んで混雑する時以外でも皇居にもっと気軽に親しめます。

無料開放ですから、ご家族で、恋人同士でも、一人でも、懐の寂しいときでも(?!)ゆったりと四季折々の自然を味わってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!