皇居の紅葉見学アクセスと混雑は?良い時期は一般公開の現在で当日受付!

皇居の紅葉見学は一度は行ってみたい方、毎年訪れている方などいろいろですが、都内で人気の紅葉スポットです。パワースポットにもなっていて老若男女みんなが訪れたい現在人気の紅葉見学場所!

紅葉のベストな時期はいつかというと「乾通り」が一般公開されている現在(12月上旬)です!当日受付ですから都合の良い日に急遽行ってみよう!というノリで良いですね。アクセスと混雑状況も調査しました。

皇居の紅葉スポットは「乾通り」と「東御苑」の2つです。「乾通り」は短期間だけ一般公開されます。「東御苑」は一年を通して公開されているんですよ。

春の桜もわくわくして素敵だけれど、秋の紅葉の季節もまた清々して素晴らしいです。東京のど真ん中でも自然の美しさを味わえるのが皇居。こころがゆったりとします。

皇居の現在(12月上旬)の紅葉状況は?

2014年から始まった皇居の乾通り一般公開は、春の桜の季節と秋の紅葉の季節にあります。平成30年の春は3月24日から4月1日まで一般公開されました。参入者数は398,550名でした。

実に多くの人が訪れていますね。

平成29年の紅葉の季節には12月2日から10日まで一般公開されました。基本的に一般公開されている期間が紅葉真っ盛りという時期になります。なので初日に行っても紅葉100%で楽しめます。

だから公開日時も短くて1週間くらいです。皇居の紅葉が旬の時期に宮内庁が乾通りを一般公開してくれるんですね。

宮内庁の案内はこちら!⇒皇居乾通り一般公開について – 宮内庁

皇居の紅葉見学の時期はいつ?

  • 12月上旬の10時から14時30分です。

東京近辺ではない方は、バスツアーを利用すると楽ですよね。クラブツーリズムのホームページでの募集日時をみれば紅葉の時期情報もわかります。

バスツアーで行かない方も何日から何日まで募集しているのかな?っていう活用方法もありますよね。⇒クラブツーリズムのホームページはこちら!

例年の見頃は12月上旬(去年は12月2日から10日)となっています。乾通りの一般公開に合わせてのバスツアーなので、遠方の人は利用すると楽ちんそうですね~。

皇居の紅葉見学のアクセス

  • 乾通りは「坂下門」が入り口です!

皇居の紅葉見学は乾通りの坂下門へ

東京駅から

JR東京駅(丸の内中央出口)入り口の「坂下門」まで徒歩15分。ゆっくり歩くと20分です。結構歩くと覚悟して行けば意外と近いですし、すぐ近くだろうと甘く見ていると思ったよりも遠くて疲れた~って思うかもしれません。

東京ってどこへ行くにも目的地まで結構歩くんですよね。田舎だと車で移動するので東京に住んでいる方が歩く距離が長くて健康的だと思います。皇居へ行く途中も銀杏の木があったりして秋を感じながら歩けますよ。

または、下記の駅からも坂下門まで15分くらいで歩けます。

  • 地下鉄千代田線・二重橋前駅(6番出口)
  • 地下鉄三田線・大手町駅(D2出口)

簡単な地図を見るとイメージがわかりますよね。

引用元:https://sp.jorudan.co.jp

乾通りの途中で「乾門方面」又は「東御苑方面」と道が別れます。一方通行ですよ。

仮設トイレ有り
⇊  ⇊
坂下門
⇊  ⇊
手荷物検査場で手荷物検査
⇊  ⇊  ⇊
金属探知機を使ったボディーチェック
⇊  ⇊
乾通りへ
⇊  ⇊
途中で分かれ道(乾門方面へ 又は 東御苑方面へ)

一方通行なので引き返して両方行くというのは出来ません。ですが、乾門迄行って出口から出て、さらに直ぐ側の「北桔橋門」から皇居東御苑に入ることができますよ。そうすれば乾通りと皇居東御苑の両方の紅葉を回れます。

関連記事:スター・ウォーズに英国両王子が出演!エレベーター場面で発見!?

東御苑へ

東御苑では紅葉の時期でなくても、いろいろな草花や生き物を観賞できますよ。紅葉の季節でも常緑樹もあるから緑もあります。

例えば6月の終わりには二の丸雑木林のニイニイゼミ、平川濠のチョウトンボ、二の丸池のカルガモ、野草の島のオオカマキリなどが見られます。6月の花の写真はこちらで御覧くださいね。⇒皇居東御苑花だより

引用元:http://www.kunaicho.go.jp

公開時期や公開時間は下の表の通りです。

引用元:http://www.kunaicho.go.jp

入園は無料です。

お休みの日は、

  • 12月28日から翌年1月3日までと月曜日・金曜日。
  • 天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開。
  • 月曜日が休日で公開する場合には火曜日を休園。

散策しながら四季の草花を楽しむのには東御苑がぴったりです。

引用元:http://www.kunaicho.go.jp

皇居東御苑で紅葉を楽しんだら、

大手門から出る
⇊  ⇊  ⇊
東京駅まで歩く

と帰ると、東京駅でいろいろとお土産を買えたりして便利です。

関連記事:なぜ昭和天皇独白録がアメリカの競売にかけられたの?

皇居の紅葉見学の混雑状況は?

東御苑の混雑している時期は、やはり紅葉の時期と桜の時期です。乾通りが一般公開されている時期にはせっかく訪れたのだから東御苑も訪れたいと思う人が多いからですよね。

それでも自転車のように乗り物の数に限りがあるわけではありませんから、当日受付で必ず入れます。散策しながらゆったりと紅葉を見て過ごしたら、目の疲れも取れるし、身体も動かすし、リフレッシュできて良いですよね~。

無料っていうのもありがたいです。なるべくお金をかけずに得した気分になるのって大好き!

関連記事:皇居の子供自転車教室が無料!その名もパレスサイクリング!

皇居の紅葉見学の観覧時間とトイレ

乾通りと東御苑と合わせても2時間あれば余裕でゆっくりとまわれます。早く歩けばもっと短い時間です。

トイレは坂下門入り口や皇居の中に入ってからも何個かあるので心配はないです。

関連記事:皇居一周の距離は?人気銭湯ランニングステーションでレンタルが安い!

WEB限定ツアー | ポケカル

この記事のおさらい

  • 皇居の紅葉はどこで見るの?⇒「乾通り」と「東御苑」の2つ
  • 乾通りは年に2回一般公開(桜と紅葉の時期)
  • 東御苑は普段から一般公開

代々木公園や明治神宮も広々として緑があって良いですが、皇居もとっても良いです。海外からの知人を案内するなら皇居が喜ばれると思いますよ。天皇陛下が住んでいるのですから、ベルサイユ宮殿のように中に入ることは出来ませんけれど・・・

背の高い現代のビルと日本のお城を紅葉が彩って不思議な感覚になりますね。

普段は歴史を感じたりしないで生活していますけれど、戦争で焼け野原になった東京がこんなにビルだらけに発展して、これからもどんどん進化していくのだな~、と感心してしまいます。

時代の流れに置いてきぼりにされそうで怖いです。頑張ろっ!

関連記事:皇居の見学が予約なしで当日受付可能に!混雑時間や整理券はある?

関連記事:皇居の一般参賀申し込みは必要?場所とアクセス、混雑と待ち時間、お土産やトイレを調査!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!