名倉潤の鬱の原因である手術の侵襲の意味は?すぐ治るの?

名倉潤さんが鬱(うつ)になってお仕事をお休みされるそうですね。私、名倉潤さんって素敵な人だなって思っていたのでびっくりしました。奥様の渡辺満里奈さんもさぞかし驚いたことでしょう。

だけどネプチューンの原田泰造さんや堀内健さんもファン同様温かい気持ちで復帰を待っていますから名倉潤さん、どうぞゆっくり休養なさってくださいね。

ところで手術の侵襲(しんしゅう)って何でしょう?侵襲って言葉初めて聞きました。では、名倉潤さんの手術の侵襲について本文を読んでくださいね。

スポンサーリンク

名倉潤さん 鬱の原因は手術の侵襲(しんしゅう)

名倉潤さんはなぜ手術をしたの?

実は名倉潤さんは2018年6月末、頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けていたのです。それで継続的な内服の必要があったので、2018年7月10日から10日間の休養をとたんですね。

手術した病院がどこかは明らかになっていませんが、手術の経過は良好でした。それでもやっぱりストレスがあったのですね。1年たって手術の「侵襲(しんしゅう)」が要因でうつ病を発症してしまいました。

医師から一定期間の休養が必要と診断を受けたので2019年8月に休養することになりました。

上のツイッターのような明るい笑顔を待っています!

名倉潤さんの休養期間は?

  • 休養期間は1日から約2カ月

ニュースでは1日から約2ヶ月ということですが、1日ってことはないでしょう?わざわざ休養すると発表していらっしゃいますから、たぶん2ヶ月くらいはゆっくりと休養されるのではないかと思います。

それにファンとしても名倉潤さんには無理をしたり焦ったりしないでゆっくりと休養してもらいたい気持ちでいっぱいです。

一定期間の休養が必要という医師の診断があって、再度休養することになったのですから、どうぞゆっくりと休んでくださいね。

手術の侵襲とは、意味は?

「侵襲」は医学用語です。

「侵襲」とは、「病気」「怪我」だけでなく「手術」「医療処置」のような、「生体を傷つけること」すべてを指す。

手術って現在では良くあることで軽く考えがちですが、身体にとっては凄い経験をしたことになりますよね。

医療行為としての侵襲は、外科手術などによって人体を切開したり、人体の一部を切除する行為や薬剤の投与によって生体内になんらかの変化をもたらす行為などを指す。

手術だけでなく薬剤投与でも身体になんらかの変化をもたらしているってことです。それが鬱になるきっかけになることがわかりました。当たりまえですが、人間は外部からの要因に影響されるんですね。

自分自身の精神力とか、生活習慣とかだけではどうにもならないことがあるんだと分かるだけでも勉強になりました。

病気を治すための手術でもそれが身体や気持ちに与える影響は計り知れません。身体的精神的な刺激が手術後すぐではなくて、1年後に現れることもあるのですね。

薬の怖さもこれを機会に再確認。

名倉潤さんは「手術の侵襲」で、きっかけは手術ですが、「普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症する」というのが原因ですから、誰にでも起こりうることですね。

もし自分や身近な人がうつ病を発症したら治療や休養に寄り添ってあげたいです。

スポンサーリンク

名倉潤さんはすぐに治るの?

名倉潤さんは2ヶ月休養ということで、医師がすぐに判断して出した休養ですから、きっとすぐに治って元気になると期待しています。

こういう事態になることも、「手術の侵襲」という可能性があることを医師も本人も理解していた上でのことだと考えられます。酷くなる前の適切な休養の判断で良かったです。

名倉潤さん、2ヶ月よりも早く良くなっても、焦らずにゆっくり休養してからまたご活躍してくださいね。それから2ヶ月にこだわらずにもっと時間がかかったって良いのですから完治するまで気楽にお過ごしください。

名倉潤さんの現在のお仕事は?

  • ネプチューンで日本テレビ系「しゃべくり007」
  • テレビ朝日系「あいつ今何してる?」「ナニコレ珍百景」
  • TBS系「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」
  • フジテレビ系「ネプリーグ」
  • 単独レギュラーでテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」

こんなにたくさんの番組に出演されていました。手術後も普通にお仕事をされていて頑張ってしまったのでしょう。

ネプチューンの原田泰造さんや堀内健さんと一緒に回復を待っています。

この記事のおわりに

名倉潤さんがいないとネプチューンもなにか物足りなくて仕方ないけれど、ちゃんと休養して欲しいから待っていますよ~!

渡辺満里奈さんも心配されていると思いますが、治るんだから大丈夫ですよね。

応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!