貴ノ岩関が訴訟取り下げの理由と代理人佐藤歳二弁護士の憤り!

高ノ岩関が元横綱日馬富士による暴行事件で提訴を取り下げました。なぜ訴訟を取り下げることになったのか?訴訟をそり下げることになった理由があまりにもひどい。

高ノ岩関の代理人である佐藤歳二弁護士が憤りを感じる問題点もあったそうです。

被害者側がさらに追い込まれることになったことは今後のスポーツ界にとって良くないですね。

損害賠償を求めた被害者の貴ノ岩

被害者の貴ノ岩(28)が元横綱日馬富士に対して約2400万円の損害賠償を求めました。

日馬富士にリモコンで頭を殴られて9針も縫った貴ノ岩です。

しかし訴訟を取り下げました。

訴訟取り消しってどうして?

貴ノ岩が訴訟を取り下げた理由は?

  • 家族が哀願「耐えられない」

これが一番大きな理由だと思われます。家族がモンゴルで非常につらいバッシングを受けているのが理由です。過剰なバッシングはなぜ起こっているのでしょうか?

訴訟取り下げするほどのバッシングがあるということは、モンゴルでは元貴ノ岩関が受けた暴力や訴訟に対して、どのように受け止められて、取り上げられているでしょうか?

「貴ノ岩が暴力をうけたのだから、日馬富士が賠償するの当然」という意見は少数で、ほとんどが下のような感情を持っているらしいです。

  • なんで裁判なのか?
  • 横綱が責任とって引退したのだからまたこれからお金を払えというのはおかしい
  • 男として良くない
  • 喧嘩をするものではない
  • 貴ノ岩が失礼なことを行ったから悪い
  • その場で貴ノ岩が謝るべきだった
  • 訴訟は金目当てではないか?2400万円

モンゴルでは平均月収が4万円くらいなので、2400万円という金額が不当に高く感じられるのかもしれません。

貴ノ岩のキャリアは終わりだなんて言われていることも、貴ノ岩は被害者なのにあまりにもひどいですね。

貴ノ岩は精神的に辛い思いをして番付も下がる、みんなにいろいろといわれて苦しい思いをしたのに、この上治療費も全部自分で払うことになったのです。

貴ノ岩が訴訟を取り下げたことに対するモンゴルでの反応は?

日本以上に大相撲に憧れをもっているモンゴルの一般市民の中では、元横綱を気遣う意見が多いです。横綱は立派な人だから悪いことをするわけがないという気持ちからでしょう。

無条件で横綱の人柄を信じているようです。モンゴル相撲協会の元旭鷲山も訴訟には驚いたそうです。

日馬富士は地元に学校を建てたりして、モンゴルに貢献をしているのでモンゴルでは神のような偉大な英雄的存在なのですね。

それでも悪いことは悪いという文化が良いです。

「貴ノ岩はモンゴルに帰ったらどうなるかわからない」なんて言われたら、貴ノ岩はとっても怖いでしょう。

モンゴル力士の中では何か特別な上下関係があったのかもしれません。

でも、このまま泣き寝入りでは、モンゴル力士のあいだでは下のものが暴力を受けたらそのまま放置になるのか?と疑問です。

スポンサーリンク

元貴ノ岩関代理人、佐藤歳二弁護士の憤り

佐藤弁護士が反論したいと思ったのは、日馬富士側のコメントがひどい内容だったからです。

「元貴ノ岩関の代理人である弁護士がこれまでの経過について真実を伝えていないのではないか?」と日馬富士側が言っているそうです。

代理人が依頼主に経過を伝えるのは基本中の基本。もし経過を伝えなかったら、弁護士として懲戒されるそうです。なのでこの「経過を伝えていない」という発言は代理人に対する名誉毀損。

スポーツ選手が故意に傷つけられたのです。そして家族が非難されるのは第2被害。

今回の提訴を下げることに日本の相撲協会は関わっていませんが、丸く収めて欲しいという意思はあるそうです。

加害者側はモンゴルでの貴ノ岩に対するバッシングはないと言っています。これもおかしいですよね。バッシングあるでしょう。

モンゴルの国民性からして被害者である高ノ岩関や家族が非難されているとは考えにくいと加害者側が言っているのもおかしいですよね。

日馬富士の代理人は議論の土俵にも乗ってこなかったし、とにかく加害者側が向き合ってこなかったのだそうです。

このように貴ノ岩の代理人、佐藤弁護士は憤りを感じているそうです。

この記事のおわりに

貴ノ岩は元横綱日馬富士を引退させておいて今取り下げても遅い、という意見もモンゴルではあるようです。これでは貴ノ岩がかわいそう過ぎます。

スポーツ団体は暴力根絶に力を入れているのですから、貴ノ岩の泣き寝入りは今後のスポーツ界にとって良くないですよね。

モンゴルではモンゴル人の喧嘩がやっと終わったという気持ちがあるようですが、この気持ちは分かるような気がします。日本でモンゴル人同士が喧嘩をしているのは気まずいという気持ちからでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!