ナイナイ矢部の病気はすべり症!どんな病気?完治するの?

ナイナイの矢部浩之さんは2週間前から腰に強烈な痛みがあったそうです。

病気の名前はすべり症。すべり症だなんて、芸人にとっては困った病名です。絶対に治したいでしょう。「すべり症」で話題になってもしゃれにならないもの。それにしても面白い病名ですね。

ところで、すべり症ってどんな病気なの?

ナイナイ矢部浩之さんがかかった「すべり症」は完治するのかしら?

今回はナイナイ矢部浩之さんの病気「すべり症」について調べました。

ナイナイ矢部浩之さん主催の「やべっちCUP」

小学生サッカー大会「やべっちCUP」が大阪府堺市のJ-GREEN堺で行われました。サッカー大好きなナイナイの矢部浩之さんですですから、「やべっちCUP」まであるんですね。

そんな楽しい時期に辛い出来事がありました。矢部浩之さんは、2週間前から腰に強烈な痛みがあったので、医者へ行ったら「すべり症」と診断されたのです。

すべり症っていう病名があったんですね。初めて聞きました。

矢部浩之さんの病気、「すべり症」はどんな病気?

どうやら腰椎滑り症のようです。腰椎滑り症については下の説明をご覧くださいね。

通常、腰椎は背骨がバランス良く連なっていています。腰椎すべり症は、何らかの原因によって背骨がずれてしまいバランスが悪くなり、結果さまざまな症状をきたす病気です。

すべり症には2種類あります。

  • 分離すべり症
  • 変性すべり症

変性すべり症は老化によるものらしいですが、矢部浩之さんは47歳なので微妙です。どちらのタイプなのかは明言していませんね。

ナイナイ矢部浩之さん、すべり症に痛みはあるの?

腰痛と下肢の痛みがあるそうです。それは辛いでしょう。

サッカーできませんよね。大好きなサッカーをできないのも、それもまた辛いでしょう?

やべっちを心配した声


スポンサーリンク

ツイッターでのやべっちを心配する声でした!

すべり症治療には保存療法と手術療法があります!

コルセットをしてリハビリをすることで良くなることもあるそうですが、それでダメなら手術をすることになります。

手術は怖そう・・・

骨を削るなどして神経の通り道を広げ、すべりを起こしている背骨部分を自分の骨や金属でつなぎ、さらにずれてこないよう骨どうしをボルトで固定します。

完治しても激しい運動は難しそうです。

骨を削るのは怖くないですか?

矢部浩之さんは、ストレッチや腹筋を中心とした筋力訓練などで治ると良いですね。現在は鍼治療をしているそうですが、針治療って結構効くという評判です。

リハビリだってきっと大変でしょうけれど、きっと治してくださいね。

頑張れ!やべっち!

応援しています!

関連記事:『ASAYAN(アサヤン)』ナイナイ矢部ギャラいくら?最も高額って?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!