アゼルバイジャン、地図の場所はどこ?言語や宗教は何?親日の理由! 

バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、お笑いタレントのイモトアヤコさん(31)がアゼルバイジャン共和国を訪れました。その内容でアゼルバイジャン共和国の人が日本語を学ぶ様子が面白いと話題に!

日本語教育の現場で使われている例文が面白いとウケているんですね。日本で英語を学ぶ時の例文は大抵の場合つまらないですよね。

カスピ海

アゼルバイジャン共和国のこと知りたくなったので調べてみました!地図の場所はどこ?言語や宗教は何なの?そして親日の理由も調べました!

アゼルバイジャン共和国の地図の場所はどこ?

イランの上、カスピ海に隣接している国なんですね。アゼルバイジャン共和国っていう名前も初めて聞きました。首都はバクー。

国土は日本の4分の1くらいです。

アゼルバイジャンの言語は何?

アゼルバイジャン共和国の公用語はアゼルバイジャン語です。アゼルバイジャン語っていう言葉もあるのですね。イラクやトルコ、ロシア内でもアゼルバイジャン語を話す人がいるのだとか。

約4000万人の人がアゼルバイジャン語を話しているのです。ロシア語も多く使われているそうです。レズギ語、タルシュ語なども地域によって通用します。いろいろな言葉がアゼルバイジャン共和国では話されています。

コメントを頂いてわかったのですが、アゼルバイジャン語はトルコ語の田舎言葉と言われているそうですよ。トルコ語で通用するとのことですから、トルコ語と似ているんですね。

日本語教育の例文がおもしろい in アゼルバイジャン

日本は日本語だけでわかりやすいですね。このアゼルバイジャン語を話す人達が、世界の公用語の英語ならわかりますけれど、日本語を勉強しているなんてちょっと驚きました。日本のアニメとかゲームで興味を持つのでしょうか?

世界の果てで日本語学んでくれてありがとう。日本語の授業では「毎日毎日残業」「彼はいつも一言多い」などの例文を使っているのだとか。日本の文化も例文から学んでいるというところが気になります。

日本語の例文の面白さは下の通りです。

毎日毎日残業で、土曜・日曜は休日出勤。体がいくつあっても足りないよ。

彼はいつも一言多いので、みんなに嫌われています。

自分は偉いと思って人を見下していると、そのうち逆に他の人から見下されるようになります。

自分は偉いと思って人を見下していると、そのうち逆に他の人から見下されるようになります。

高校を卒業してから、弟は色んな会社を転々とした。そして結局は、父親のレストランを継ぐことになった

うちの主人は年中小言ばかり言っている

うちの家内と隣の奥さんはとても仲が悪い

毎日お風呂の水を替える家もあるし、2~3日替えない家もある

あんなに素敵な人なのに、色っぽい話が何もないなんて絶対おかしい

10円玉がなかったのでキオスクで両替を頼んだら嫌な顔をされた

元の記事はこちらで見てくださいね。⇒ アゼルバイジャンの日本語教育に抱腹絶倒 音読例文に「日本の闇」

「世界の果てまでイッテQ!」でお笑いタレントのイモトアヤコさんがアゼルバイジャン共和国を訪れたときの様子です。

闇っていうほどではないとおもいますけれど、微妙な人間関係や日常生活を浮き彫りにしていて面白いです。結構笑えて、語学学習が楽しくなりそう。

スポンサーリンク

アゼルバイジャン宗教は何?

アゼルバイジャン共和国の主な宗教はイスラム教で、95%と多い(うちシーア派:スンニー派=7:3)です。

ソ連時代を経験しているためかイスラム色は薄く、酒類も街中で広く販売されています。レストランでの飲酒も問題ありません。また、モスク等の限られた場所を除いて、女性の服装も自由です。

お酒や女性の服装にも制限がなくてかなり自由なイスラム教ですね。

アゼルバイジャンは親日の理由!

日本の経済協力をみると、アゼルバイジャンの主要援助国は日本が1位になっています。日本がアゼルバイジャンにアメリカよりも援助しているとは知りませんでした。

きっと日本がアゼルバイジャンから石油を輸入しているからですね。

それから、日本の製品をアゼルバイジャン共和国へ輸出しているのです。このようなビズネスの関係をみると親日家が多そうです。それで日本語を学んでいる人達もいらっしゃるのですね。

それからアゼルバイジャンには日本のアニメや音楽の愛好家がいらっしゃいます。中等教育や大学でも日本語を学べるそうですが、中には独学で日本語を勉強している人もいるのだそう。こういう話を聞くとなんだか嬉しいですね。

アゼルバイジャンの記事のおさらい

  • アゼルバイジャン共和国は位置的には、東ヨーロッパ。
  • 日本の4分の一の国土で首都はバクー。
  • 公用語はアゼルバイジャン語で、ロシア語も話されている。
  • イスラム教ですが酒類がまちなかで販売されている。
  • 親日家が多そう。

アゼルバイジャン共和国での日本語のテキスト例文が面白くてこの国に興味を持ちました。

日本にも負けない「おもてなしの文化」があるというアゼルバイジャンは、「オイルマネー」で潤っているそうです。いつか行ってみたい気持ちが大きくなってきました。

アゼルバイジャン共和国の日本語教育に乾杯!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中根 秀樹 より:

    こんにちは、アゼルバイジャンに興味を持ってくれているだなんて・・・と思い、コメントを・・・。アゼルバイジャンの日本語教育は、バクー大学とアゼルバイジャン言語大学の二校が中心で、多分、TVでは、ラシャ―ルの言語大学が、報道されたのでは、ないかと思います。’18年は、日本もアサビザ対象国になり、ヘイダルアリエフでの簡易なビザとなりました。それまでは、ビザが必要な国だったのです。イスラム シーア派の十二イマームに属するイスラム教徒が多い国です。今年は、トランポリンの世界大会が、2月にバクーで開催されました。昨年は、4回程、今年は、2月・・・次は、5月に渡航しようと思っています。言語は、トルコでは、トルコ語の田舎言葉と言われていますが、トルコ語で、通用します。英語は、無理だと考えた方が良いと思います。日本人の渡航は、少ないですが、日本料理、すし屋等・・・もあります。バクー及び、近郊の安全は、粗、日本と同じ様ですが、外務省の渡航安全に関しては、ちょっと厳し過ぎるのか?と思います。断然、ニューヨーク等と比べものにならない程、安全か?と思います。世界遺産も多く・・・、貧する国では、無く、富める国の一つだと思いますが、インフラ等は、進みつつあるのですが、日本の昭和30年時代に相当すると考えます。
    訪問の度に新しい施設が増え、今では、欧州の一部、所謂、東欧圏内だとされています。シェキ、グハ、ギャンザ、スムカイト、ミンチェベル、イスマイリ、等、色々、特徴を持った、県があります。多様的、世俗的な国家なのですが、イスラム教国であるという事を忘れては、いけない国だと思います。去年、建国100周年の祝典があり、東京でもアゼルバイジャン大使館主催で、パーティーがありました。これから、恐らく、日本との関係が深くなると考えています。未だ、正式・・・否、学術的な解説書、ガイド等は、存在しませんが、魅力ある、上記した以外にも存在する地域も・・・あります(笑)。ご興味があれば、いつでも、私の知る限り・・・フォローします。m(__)m
    PS.石田某氏の越〇会等、とは、全く関係がありませんので、念の為・・・・。

    • なつ より:

      コメントありがとうございます!

      中根さんは何度もアゼルバイジャンに渡航されているのですね。
      中根さんはトルコ語が話せるのでしょうか?
      何度もアゼルバイジャンに行かれているのでアゼルバイジャンについて
      具体的なことをご存じなんですね。
      色々と情報を教えて頂きましてありがとうございます。

      トランポリンの世界大会があったことも知りませんでした。
      面白そうですね。

      英語が通じないとコミュニケーションがとれないけれど、
      できたらいつか訪れてみたいです。
      平和ならいろいろな国に旅行で行けますから、
      令和の時代が平和であって欲しいと思います。

      複雑な宗教のことは勉強不足でよくわかりませんが、
      日本と仲良い国が増えるのは楽しみです。

      中根さんが5月にアゼルバイジャンにまた渡航されるなら、
      お気を付けて行ってらっしゃいませ。

      なつ

      • 匿名 より:

        おはようございます。少々、トルコ語の使用でOKですよ・・・(笑)。
        空手、格闘技等・・・バレーも盛んです。日本人には、行き易い国だと思います。
        今は、ダイレクト便が無い為、イスタンブル経由、ドーハ、ドバイ等が一般的ですが・・・。それらの国を訪れてみても良いとも思います。昔は、モスクワや、ワルシャワを経由して・・・とか?今でも、北京からアゼルバイジャンエアーが飛んでいる日もあります・・・。多分、今年12月に成田からダイレクト便が出るとも・・・(笑)、貨物便は、小松1便、関空2便が出ています。小松は、確か、仁川経由だった様な・・・(笑)。

        是非とも、最初は、お一人で、出掛けてみてください、ヘイデルアリエフの飛行場では、英語でのサービスもあるので・・・、ホテルまでなら、そのカウンターで紹介して貰える筈ですが・・・バスで、バクー中央駅終点まで行くのも一興です。女性の一人歩きもバクーでも安全ですし・・・その他の地域も・・・・(笑)。唯、アルメニアとの国境近辺は、気を付けて下さい。この辺には、蜂の花という珍しい植物もあるのですが・・・、出来れば、ナヒチェバンにも行ってみてください・・・ノアの土地(旧約、創成期)らしき・・・があります。

        石油の日本への直接輸入は、ありません・・・、BPの天下・・・だと(笑)。
        ノーベルの館等もバクーにあります。まあ、最初は、バクー観光になろうか???と思いますが、ヨーロッパとロシアが混ざり合った様な雰囲気があると思います。

        もう、何回・・・VISAが必要な時から・・・訪れていますが、年々、日本人の渡航者も増えている様に思います。でも町で、日本人に会うのは、皆無です・・・(笑)。

        親日的な理由は・・・やはり、ロシアの脅威に関して・・・から、トルコのエルトゥールル号海難・・・等に、その理由があると思います。コーカサスの中心的な存在かも???とも考えています。隣、ジョージア、カザフ、ウズベク・・・トルクメニスタン等も・・・日本人にとっては、魅力ある国だと思うのですが・・・、知らない人が多い様です。

        後一週間足らずで、又、渡航してきますが・・・、今回は、時間が余りないので、それと、ラマダンの為・・・、オトナシ目に・・・とも思っています。

      • 中根 秀樹 より:

        おはようございます。後一週間足らずで、又、日本を離れます・・・(笑)。アゼルバイジャン人で、私をお父さんと呼んでくれる『子供・・・孫達』がいます(笑)。
        又、友人も多いです。私も、世界を多く・・・仕事の関係上、巡りましたが・・・日本人と、否、私とは、肌の合う国の一つだと思っています。トルコ語の簡単な言葉で、OKですヨ・・・。まあまあのホテルなら、米語で、OK・・・、でもタクシー等、交通機関は、無理です。ですので、スマホの地図等で・・・提示して下さい。タクシーは、値切って乗って下さいネ・・・、値切れれば、ロンドンタクシーって呼ばれるタクシーよりも断然、お得です、又、アプリからでも、タクシーの手配が出来ます。ヘイデルアリエフ空港では、カウンターサービィスで、英語で、ホテルまでは・・・OKです、タクシーをセットしてくれます。でも、バスで、終点、バクー中央駅に行くのも・・・、飛行場の真ん前から出ています。(笑)。私も・・・ズット前からひとりで、出掛けています・・・(笑)。昨年からは、少々、人と共にってなっていますが・・・(笑)。

        出来れば、ナヒチェバン(ノアの土地、旧約 創成期)という所にも・・・行ってみて下さい。マナト(現地通貨)は、現在、70円程なのですが、昔は、120円程したので、物価は、高かったですが、今は、安心です。
        学生等は、一日5マナト程度で、学校に通っています。イスタンブルと同じで公共交通が、非常に安いです(イスタンブルカードの様な、パスもあります)。

        定番では、乙女の塔・・の旧市街が有り、女性の一人歩きも安心です。まあ最初は、バクー観光になってしまうとも思いますが・・・。

        現在、イスタンブル経由、ドバイ経由、ドーハ経由が一般的です。イスタンブルに寄るのも一興です。昔は、モスクワ、ワルシャワで、行っていた様に・・・。北京経由も日にちに依りますが、アゼルバイジャンエアーも飛んでいます。貨物便は、小松1便、関空2便  が飛んでいます、何れも、週単位ですが・・・。旅客便は、毎日・・・。

        石油の直接輸入は、行っていない筈です、BTCパイプラインというものがあって、日本が権益15%程度持っているのですが・・・(笑)。

        スポーツは、サッカー、空手、格闘技、女子バレー等も盛んです。
        サッカーは、欧州8位になった、ガラバフFKというチームがあり、空手も世界チャンピョンがいます。自動車レースのF1なんかも、開かれています。

        親日的な理由は、調べてみて下さい・・・面白い、事実が分かると思いますヨ。
        言い伝え等から調べれば・・・。

        私は、コーカサスの中心になる国だと日本側から見てそう思っています。コーカサスだけではなく、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、下手をすると、キルギスに至るまでの、窓口の要素が、この国にあるのでは???と思っています。
        昨年も河野外相が、訪れています。
        以前は、世界一の国旗、世界一のケンタッキーフライドチキンのお店が有名だったのですが、今は、ありません。その代わりと言っては・・・何なのですが、日本の原爆の壁等があります。

        人口は年々増加しているのですが・・・やはり、国を離れている人もいます。現在は、1000万人弱だと思います。

        興味を持たれたならば・・・是非、一度、お訪ね下さい。

        中根

        • なつ より:

          中根さん、コメントありがとうございます!

          アゼルバイジャンに知り合いの方が多いのですね。

          アゼルバイジャンまで長い道のりですから、
          お気を付けていってらっしゃいませ。

error: Content is protected !!