東国原英夫が10月に男児誕生していた!名前が素敵!子供何人なの?

東国原英夫氏に去年の10月に男児誕生していました!名前は英ノ丞(ひでのじょう)くんです。10月生まれは秋で良い時期ですね。東国原さんも、一般人の奥様もさぞかし嬉しかったでしょう。

出産というおめでたいお話を聞くとこちらまで温かい気持ちになります。実は4人目というのは最初の嫁(現、片平夏貴アナ)にひとり、そのあとふたりの子供はかとうかず子さんとの子供たちですね。

もうその子供たちは成人しておとなになっています。だからこそ新しい命にふたたべ出会えて感無量でしょう。

東国原英夫さんの子供

名前は?

英ノ丞(ひでのじょう)くんです。

元宮崎県知事の東国原英夫氏は現在60歳なので、世間一般では孫くらい年が離れているのですね。

2014年に結婚した妻の春香さんは40歳とのことで、無事に子供が誕生して、本当に良かった!10月5日がお誕生日だそうです。3ヶ月間は公表しなかったのはもったいぶっていたのかしら?(笑)

子供がすくすくと育っているのを家族で見守っていたのですよね。

英ノ丞(ひでのじょう)とは素敵な名前ですね。英夫さんの名前にある「英」を入れたのはすぐに判りました。

出身地の都城市(みやこじょうし)に近い名前を意識したというのはどういう意味でしょうか?

「城」の「じょう」という発音と「丞」の「じょう」という発音がおなじですね。それから、

「丞」という字の意味は、

  1. たすける。補佐する。また、補佐役。
  2. 大宝令(りょう)の制度で、各省の第三等官。

ということです。

なんとなく古くて良い名前です。その反面キラキラネームのような目新しさも感じる英ノ丞(ひでのじょう)くんというお名前。さすが東国原英夫さんです。

何人子供がいるの?

最初のお嫁さんの片平きみよさんにひとりと、かとうかずこさんとのお子さんがふたりいらっしゃいます。だから英ノ丞(ひでのじょう)くんを入れると全員で4人ですね。

最初のお嫁さんはフリーアナウンサーの片平きみよ(現、片平夏貴アナ)さんです。離婚後は独身のまま子育てしたそう。

1998年に結婚された女優のかとうかずこさんとは東国原英夫さんが政界に進出するときに大反対をして2006年に離婚しました。お子さんがふたりいらっしゃいます。

2014年に春香さんとご結婚されました。そして2017年10月に生まれたのが男児英ノ丞(ひでのじょう)くんですね。

この記事のまとめ

  • 2017年10月に誕生した男児の名前は英ノ丞(ひでのじょう)くん。
  • 子供は全員で4人
  • 片平夏貴アナにひとり、かとうかずこさんにふたり、春香さんにひとりです。

東国原氏は妊娠が分かってから妻が暮らす宮崎市内と東京を忙しく往復していたというから、相当お忙しかったことでしょう。距離を移動するのって本当に疲れます。だけど嬉しい気持ちでの移動は疲れ知らずだったかしら?

東国原英夫さんの1度目の結婚は片平夏貴アナで、2度目はの結婚は女優のかとうかずこさんでした。

3度も素敵な女性とご結婚されるのはやっぱりいい男なんだな~(笑)と思います。そしてお相手の方も3人共いい女なんだな~と思って、私には関係ないかな?なんてしょげたりして・・・(笑)

人生2度結婚という言葉があったけれど(本当?)今や人生3度結婚の時代なのかも。幸せになるためには年齢なんて関係ないですよね。私なんて気持ちは20年前と変わりませんから。

変わるのは体力だけ・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!