元ボクサートーレス健文の顔画像とプロフィール!

元プロボクサーの住所不詳無職トーレス健文(けんぶん)容疑者(30)が逮捕されました。トーレス健文容疑者ってどんなプロボクサーだったの?

ひったくりや車をパトカーに追突したりしたそう。プロボクサーに攻撃されたら、素早くって、強くってもうお手上げですよね。

元プロボクサーのトーレス健文容疑者の顔画像やプロフィールや戦績を調べてみました。それになぜこんな生活になってしまったの?

ひったくりや車の衝突で逮捕

逮捕容疑は1月4日午後7時10分ごろ、大阪市淀川区内で、自動車の運転席から女性(72)が自転車の前かごに入れていたバッグをひったそう。

夜なのに72歳の女性が自転車を漕いでいることにも私はちょっと驚きました。なぐったりはしないで、自転車のかごに入ったバッグをひったくりしたのが、まだよかったと、おもわず思ってしまいました。

昨年12月中旬以降もひったくり事件が約20件発生していて、犯人は同じ元ボクサーのトーレス健文さんではないかと思われているそうです。

トーレス健文容疑者は25日夜、JR大阪駅前で運転する車をパトカーに衝突させたこともあり、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されていました。

住所不詳無職ということなので、車も自分のものではなくて盗難車ということのようですね。

プロボクシングの元世界ランカーということで凄い人なんですね。なのに2009年にも強盗容疑などで逮捕されているそうです。

顔画像付きプロフィール!

引用元:https://news.nifty.com

2009年に逮捕されて、6年半服役していたそうです。その後トーレス健文さんは、プロボクサーとして復帰しました。

そして2017年の11月に引退。なぜ犯罪行為にはしってしまったのか?お金がなかったのでしょうか?残念ですね。ボクシングファンならなおさら悔しくて残念な思いをされていると思います。

トーレス健文さんの父親は元世界チャンピオンのヘルマン・トーレス。兄のトーレス利幸もプロボクサーと、ボクサーの家系だったのですね。その分プレッシャーも大きかったのでしょうか?

だけど、16歳でメキシコに渡ってプロデビューしているのです。私なんて、若いときからボクシング一筋で偉いなぁと、思ってしまいます。

日本でプロデビューしてからは連戦連勝したそう。それでもタイトルは獲得できず、悔しいおもいをされたそうです。

素行が悪かったようですが、もしかしたら、家族の愛情が足りないまま、ボクシングに打ち込んでしまったのかしら?まだ甘えたいときにもボクシングのために戦うことを強いられていたら、精神的に大人に成長していなかったのかも。

警官から逃げようとして、警官に逆らう時も、パンチではなくて手に噛み付いたそうですね。手をかじるところ、パンチをしては絶対にいけないと、思っていたのかな。元ボクサーだから手加減をしないといけないという気持ちがあったような気がします。

私はなぜか、悪いことは何度もしているけれど、心底悪人のようには思えないのです。

スポンサーリンク

世間の声は?


更生するには家族の助けが必要でしょう。
家族が見捨てないで、更生できるように助けてあげてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!