やすらぎの刻~道 キャストやあらすじ ロケ地 主題歌 オーディション結果は?

「やすらぎの刻(とき)~道」はいつからいつまで放送?と思う方もいらっしゃいますよね。2019年4月から2020年3月までです。1年間テレビ朝日帯ドラマが休止で、待ちに待ちました!

今回は1年間という長い期間ドラマ「やすらぎの刻~道」を放送します。

倉本聰さんの脚本で豪華キャストの「やすらぎの刻(とき)~道」。テレビ朝日とBS朝日放送時間、あらすじ、ロケ地(伊豆と山梨)、中島みゆきさんの主題歌、オーディション結果についても調査しました!

スポンサーリンク

「やすらぎの刻(とき)~道」
(2019年4月 – 2020年3月)

「やすらぎの刻~道」テレ朝放送時間とBS再放送

  • テレビ朝日2019年4月8日(月)スタート!
    毎週月~金曜 ひる12:30~12:50放送
  • BS朝日 4月9日(火)再放送スタート!
    毎週月~金曜 あさ7:40~8:00再放送

「やすらぎの郷」の続編、待ちに待った「やすらぎの刻~道」楽しみですね。

平成31年4月8日「やすらぎの刻(とき)~道」初回の番組平均視聴率は6.7%でした。

「やすらぎの郷」 (2017年4月3日 – 9月29日放送)

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの郷(さと)」は、初回視聴率で8.7%を記録し、その後も8%台を出すなどシニア層を中心に人気を集めました。私も大ファンでした。

最終回の視聴率は6.1%、期間平均は5.8%だったそうです(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「やすらぎの刻~道」が放送にいたるまで

テレビ朝日系列で昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」が2017年4月3日から9月29日まで放送されました。倉本聰さんのオリジナル脚本作品で、主演は石坂浩二さん。

共演者のキャストは浅丘ルリ子さん、有馬稲子さん、加賀まりこさん、五月みどりさん、野際陽子さん、八千草薫さん、風吹ジュンさん、藤竜也さん、ミッキー・カーチスさん山本圭さん等、という昭和を代表する大御所俳優さんたちです。

その後、テレビ朝日帯ドラマは、「トットちゃん」「越路吹雪物語」を放送して、2018年4月から1年間は休止です。

その間に倉本聰さんは執筆に取りかかり、2019年4月からテレビ朝日開局60周年記念番組として「やすらぎの刻(とき)~道」が放送されます。

ところで、ドラマが決定する前には企画書というのを書くそうです。これは必ずしも脚本家が書くものではないそうですが、「やすらぎの刻(とき)~道」の企画書は倉本聰さん直々書いたそうですよ。

放送が1年間なので250本執筆しなければなりません。

「やすらぎの刻~道」のあらすじは?

原作となっている本はありませんから、あらすじというよりもどんな内容のドラマなのかについて書きたいと思います。新しい情報が入ったら追記していきますね。

「トットちゃん」では黒柳徹子さんの若い頃を演じた清野菜名さんが、「やすらぎの刻~道」では風吹ジュンさんの若い頃を演じます。作家の菊村栄(石坂浩さん)が書いていたシナリオの中の人物になるのですね。

菊村栄は以前“ボツ”になったシナリオを思い起こして、どこにも発表する当てのないシナリオを書きはじめます。今は亡き“姫”こと九条摂子(八千草薫さん)をモデルに据えています。

  • 作品は昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を描くもの
  • テーマは、“ふるさと”

ドラマ「やすらぎの刻~道」は「やすらぎの郷」からはじまって、次第に菊村栄の新たなシナリオの世界に変わり、夫婦の生涯をその時代と共に描くものとなっていきます。

昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成を描くこの作品の前半の主演は、清野菜名(23)さんが演じます。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年は風吹ジュンさんが演じます。

八千草薫さん(87)が演じる予定でしたが、八千草薫さんの体調不良により風吹ジュンさんに決定しました。

新たなドラマ「やすらぎの刻~道」の展開とともに、「やすらぎの郷」のその後も合わせて描かれていくということで、なんだか2つのお話が同時に進むみたいな不思議で、期待が高まります。

「やすらぎの郷」のその後もすごく気になりますから、菊村栄先生のシナリオの世界(脳内ドラマ)とともに「その後」も描かれるのはとっても嬉しいです。

テーマの「ふるさと」のイメージは、懐かしくてあったかい、ありのままを受け入れてくれる心の拠り所ではないかしら。

戦争が近づくと重たい雰囲気になってきますね。

「やすらぎの刻~道」のキャスト(出演者)

前作「やすらぎの郷」その後も描かれるので、当然キャストは「やすらぎの郷」のメンバーが揃っていますよね。「やすらぎの郷」の中で風吹ジュンさんは、菊村栄の妻役でしたが、ドラマの中で亡くなりました。

そして「やすらぎの刻~道」では菊村栄の「脳内ドラマ」の方で出演されます。

前作の『やすらぎの郷』では、姫こと九条摂子(八千草薫さん)が亡くなり、及川しのぶ(有馬稲子さん)は認知症となって去り、三井路子(五月みどりさん)もスタッフと結婚していなくなってしまいました。

さらに井深涼子役の野際陽子さんも逝去されました。でも脳内ドラマにはこうしたメンバーもキャスティングされていくそうです。前作とは違った形で再会できるのですね。

主演はもちろん石坂浩二さん。(菊村栄役)

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp

石坂浩二さんについての記事はこちら!
⇊   ⇊   ⇊
石坂浩二の嫁浅丘ルリ子に子供いるのか?性格や本名、年齢、身長、自宅が驚き!

清野菜名さん (しの役)

4月9日(火)『徹子の部屋』に、清野菜名さんが登場。
糠味噌を使ってお漬物を作っているそうです。

風吹ジュンさん(しの役)

風吹ジュンさんは律子役としの役の二役です。当初予定していた八千草薫さんに代わって、ヒロイン・しのの晩年を演じることになった風吹ジュンさん。

八千草薫さんが演じられる予定だった役として演じるのではなくて、清野菜名さんが演じたしのを引き継ぐということを意識したそうです。

八千草薫さん (九条摂子役)

八千草薫さんの優しい空気感に憧れます。倉本聰さんも、「本当に内面から出てくるもので演技では出せない」とおっしゃいました。

浅丘ルリ子さん (白川冴子役)

浅丘ルリ子さんの記事はこちら!
⇊   ⇊   ⇊
浅丘ルリ子の身長と体重が衝撃!若い頃の画像がまるでハーフ!

藤竜也さん (高井秀次役)

藤竜也さん主演の映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』は2019年5月10日全国ロードショー!

実生活では、藤竜也さんは大女優芦川いづみさんとご結婚されています。芦川いづみさんは結婚を機に女優をスパッと辞めたんですよ。

役柄では、松原智恵子さんと藤竜也さんが、恋人役や夫婦役をたくさん演じてきました。

ミッキーカーチスさん(真野六郎役)

加賀まりこさん (水谷マヤ役)

加賀まりこさんと浅丘ルリ子さんは「台本の字が小さくて読めない!」と訴えて、特大サイズの台本をもらったそうですよ。そしたら台本が重くなってしまったのだとか。

どちらも困りますよね。年を重ねると不便なことが増えます。子供っぽいところのあるチャーミングな加賀まりこさんと浅丘ルリ子さんですから、何を言っても許されてしまうのかしら?

「やすらぎの刻~道」には「やすらぎの郷」に出演されていた方たち、八千草薫さん、浅丘ルリ子さん、加賀まりこさん、ミッキー・カーチスさんが出演されます。

八千草薫さんは作家の菊村が描く作品の中の人物で登場の予定でしたが、体調不良のため(すい臓癌、肝臓癌)風吹ジュンさんに変更されました。若い頃を演じるのは清野菜名さん。

それから野際陽子さんはドラマ「やすらぎの郷」の放送途中でお亡くなりになりました。それでも野際陽子さんの重要な出演ジーンは撮り終わっていました。

関連記事:野際陽子が緊急入院でわかった闘病中で娘が緊急帰国!野際陽子の娘の今は?

関連記事:野際陽子さんが6月13日に81才でお亡くなりになりました。

そして「やすらぎの郷」から引き続き下の名優さんたちも出演されます。

  • 岩倉正臣役の山本圭さん。
  • 白鳥洋介役の上條恒彦さん。
  • 高井秀次役の藤竜也さん。
  • 名倉修平役名高達男さん。
  • 名倉みどり役の草刈民代さん。
  • 菊村律子役の風吹ジュンさん。

名高達男(68)さんは草刈民代(53)さんと夫婦役で出演されます。「やすらぎの刻~道」でまたお会いできて嬉しいです。

新キャスト

柳葉敏郎さん

柳葉敏郎さんがゲスト出演されます!

それからオーディションもあり、このドラマ「やすらぎの刻~道」でデビューする方もいらっしゃるようです。「この番組でスターを生み出したい」という大きなプロジェクトにもなっています。

どんな新人がスターへと成長していくのかも楽しみです。

なにしろ2018年4月26日から募集を開始して、5月11日の締切までに、男性1,981人、女性2,984人、計4,965人の応募が寄せられたとのこと。この中から10人から20人が合格するのです。

もしも合格したら、いきなり大スターと共演するのですから輝かしいデビューを飾れます。物語は仕事を退職した人たちのお話ですが、このように若手俳優の間にはここでも競争はありますね。

それから、「やすらぎの郷」では脚本家の倉本聰さんと、主題歌『慕情』を歌う中島みゆきさんが一緒に出演されるという遊び心もありました。“やすらぎの郷”の住人としてカメオ出演して話題になったんです。

「やすらぎの刻~道」でもそんな演出があるのか楽しみです。そもそも、石坂浩二さんの私生活で元妻の浅丘ルリ子さん、元恋人の加賀まりこさんに挟まれて演技をするとことも凄いことです!

3人とも卓越していますね。

倉本聰さんは鈴木瑞穂さん(90)も出演してほしいそうです。老優なので受けてくださるかどうか?!

風間俊介さん

根来公平役を、風間俊介さんが演じます。

根来公平は、ヒロイン(清野さん)の夫となる養蚕農家の四男。風間俊介さんは役作りのために坊主頭になることを決意。人生初の丸刈りは、浅丘ルリ子さんがバリカンで刈り上げました。

風間俊介さんは実生活では3歳の男児の父親なんですよ。5歳年上の一般女性とのご結婚を2013年5月に発表されています。

風間俊介さんはディズニーランドが好きで有名ですね!
風間俊介さんの記事はこちら!
⇊   ⇊   ⇊
風間俊介はディズニークイズが完璧で目撃も?!ジャニーズJrグループなの?

宮田俊哉さん

人気グループKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の宮田俊哉さんが風間俊介さんの兄役で出演!人生初の短髪!?似合ってますよ。

宮田俊哉さんの役どころは養蚕農家の次男・根来(ねごろ)公次役です。実年齢では風間さんより5歳年下なんだそう。兄役頑張って!

宮田俊哉さんの人間味豊かなお芝居をキスマイファンみんなが楽しみにしています!

橋爪功さん

根来公平の晩年を演じるのは名優・橋爪功さん。風吹ジュンさんと共に夫婦、家族の機微を味わい深い演技で綴っていきます。

橋爪功さんは、「やすらぎの郷」の新たな入居者、水沼六郎役(愛称:ロク)も演じます。ロクはついていない男です。

岸本加世子さん

公平と公次の母、根来アヤ役で岸本加世子さん。

平山浩行さん

本家の兄、根来鉄兵役で平山浩行さん。

板谷由夏さん

菊村が入居する「やすらぎの郷」に新たに着任したコンシェルジュのアラフォー美女、有坂エリ役の板谷由夏さん。

いしだあゆみさん

中川玉子(なかがわ たまこ)役
桂木怜子の妹分的な元女優

⇨いしだあゆみさんについての記事はこちらをどうぞ!

大空眞弓さん

桂木怜子(かつらぎ れいこ)役
大女優だったが話が長く周りを辟易させる。

丘みつ子さん

香川さくら(かがわ さくら)役
元スター女優。礼儀正しい。

笹野高史さん

蒟蒻亭乙葉(こんにゃくてい おとは)役
大喜利番組で活躍した落語家。宗匠と呼ばれる。

ジェリー藤尾さん

辛坊 修(しんぼう おさむ)役
元スターで車椅子生活を送っている。スケベジジイ。

松原智恵子さん

九重めぐみ(ここのえ めぐみ)役
“乃木坂テレビ”のワンマン専務の“愛人”だった元スター。

水野久美さん

岸井さとみ(きしい さとみ)役
元人気女優。大声でデリカシーに欠ける。

『やすらぎの刻~道』オーディション結果!合格者!

オーディション結果は、合格者数34/4965名です。

青柳信孝、秋元才加、井上希美、大蜘蛛英紀、大貫勇輔、小川紗良、小川未祐、風間晋之介、菅野恵、木下愛華、木村 龍、草刈麻有、小久保寿人、小林涼子、酒井波湖、佐久間麻由、佐藤祐基、塩見大貴、菅谷哲也、澄人、須森隆文、関口アナム、聡太郎、谷遼、續木淳平、手塚真生、松本ふみか、真山勇樹、両角周、山村憲之介、夕輝壽太、芳野正朝、若林元太、渡辺早織

オーディション合格おめでとうございます!

⇨草刈麻有さん(ホッピー役)の情報はこの記事をどうぞ!

オーディション合格した手塚真生さん

手塚真生(28)さんは、女優、朝加真由美さんと俳優、篠塚勝さんが両親です。

「やすらぎの刻」のオーディションを受ける際には母である朝加真由美さんと猛練習をしたのだとか。

スターバックスコーヒーみたいに、いろんな人に知られ、いろんな人に親しまれる女優になりたい

というのが手塚真生さんの目標です。スターバックスに例えるなんて面白いですね。両親が俳優というサラブレッドですが、実力でオーディションに合格したのですから、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

「やすらぎの刻~道」のロケ地は2つ!

「やすらぎの郷」は伊豆の川奈ホテル

やすらぎの郷はテレビで活躍された方達だけが無料で入居できる老人ホームです。いいですね~、ドラマでの設定ですけれど。

引用元:https://www.jalan.net

「やすらぎの郷」撮影のためのロケ地は、静岡県伊東市川奈にある「川奈ホテル」です。「川奈ホテル」は旧大倉財閥の別荘として建設されましたが、1998年大倉商事が自己破産、2002年に経営破綻しました。

その後、プリンスホテルが買収して再建。川奈ホテルは伊豆半島の東海岸に建ち、海・緑・溢れるばかりの陽光と、清浄な空気に囲まれています。わたしは伊豆に住んでいますが、景色の素晴らしいところですよ。

劇中の老人ホーム内にある家の玄関が「やすらぎの郷」では階段だったのですが、石坂浩二さんの要望で、「やすらぎの刻」では階段をスロープに変えました。

老人ホームですからバリアフリーでないとおかしいですよね。車椅子になったときに階段では上れませんから。

「やすらぎの刻~道」の脳内ドラマの舞台は山梨の山村

ドラマの中の主人公である作家菊村栄の「脳内ドラマ」が映像化されるんですね。舞台は山梨の山村。昭和から平成までを生きた無名の夫婦の歩みが描かれます。倉本聰さんの「屋根」という舞台がベースとなっているそうです。

下の写真は山梨県笛吹市にある岡銚子塚古墳です。石坂浩二さんと柳葉敏郎さんが上っています。

引用元:https://www.yamanashi-kankou.jp

上のツイッターの写真のように富士山が綺麗に見える山梨県です。

撮影現場は周りが見渡せてすがすがしいところですね。

風間晋之介さんは根来三平役です。「戦争反対! 」

佐久間真由さんは 公一兄ちゃんの元恋人役。

「やすらぎの刻」根来家のホント素直な妹たち。かわいいね。

しのちゃんが居なくなって、捜しに行った駅かな?

テレビで見覚えのある川と道。

こんな素敵な待機場所があるのかしら?

スポンサーリンク

「やすらぎの刻~道」の主題歌は?

やすらぎの郷」の主題歌は中島みゆきさんの『慕情』

「やすらぎの郷」同様、「やすらぎの刻(とき)~道」でも慕情が使用されます!実は私中島みゆきさんのファンなのでとても嬉しいです。

中島みゆき 「慕情」トレーラー [公式]

中島みゆきさんの慕情がドラマにぴったりの曲です。

愛より急ぐものがどこにあったのだろう♪
愛を後回しにして何を急いだのだろう♪

「やすらぎの刻(とき)〜道」主題歌は新たに2曲追加!

中島みゆきさんが「やすらぎの刻(とき)〜道」の主題歌「進化樹」「離郷の歌」を2曲書き下ろしました。全く違う曲調のドラマのテーマ曲です。主題歌が3曲になるわけですね。

中島みゆき『やすらぎの刻~道』W主題歌「離郷の歌/進化樹」

どれほど中島みゆきさんの曲が素晴らしいかわかります。

「やすらぎの郷」を見逃し視聴したい!

「やすらぎの郷(さと)」はもう観ましたか?「やすらぎの刻(とき)~道」を見るなら、前作の「やすらぎの郷」を観た方が断然楽しめますよ。「やすらぎの刻~道」は「やすらぎの郷」の続編ですから。

U-NEXTで「やすらぎの郷」を視聴できますよ。

U-NEXT

こちらの記事で登録や解約の手順をやさしく解説しました!

脚本家の倉本聰さん

倉本聰(くらもと そう)さんは1935年、東京都生まれ。東大文学部卒。北海道富良野市に在住。主な作品に「前略おふくろ様」「北の国から」シリーズ、「やすらぎの郷」などがあります。

倉本聰さんの作品は生活の中で人間の愛が感じられます。いつの時代になっても心が温まる作品です。

倉本聰さんが“終活”を語る 人生最期の脚本とは

倉本聰さんの最後の作品になるかもしれないとなったら「やすらぎの刻~道」見逃せませんね。

この記事のおわりに

「やすらぎの郷」がとてもおもしろかったので、「やすらぎの刻(とき)~道」が待ち遠しいです。テレビ朝日の昼の帯ドラマ(月~金 後0:30)は主婦のパートナー(?!)、毎日の心の支えです。(笑)

「トットちゃん」も「越路吹雪物語」も良かったけれど、3ヶ月でした。「やすらぎの刻(とき)~道」は1年間!期待で心が踊ります。\(^o^)/

老人ホーム「やすらぎの郷」で起きている話と、菊村栄(石坂浩二)の「脳内ドラマ」の両方が織りなすドラマですから、私達視聴者は内容が混乱しないようにしっかりと見ていきましょうね!

「やすらぎのとき」は「やすらぎの」ではなくて「やすらぎの」なのがおしゃれな書き方で好きです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ishioka hiromi より:

    私の父は戦前満州の新京(現在の長春)で市立病院に産婦人科医として勤務していました。戦後、浅丘ルリ子さんが、(ラジオだったと思いますが)満州で生まれ、私の父がとりあげたそうだと話しているのを聞いたと知人から聞きました。もうそのころ父はなくなっていましたが、まさか自分の取り上げた赤ちゃんが女優さんになっていると聞いたらびっくりしたでしょうね。

    • なつ より:

      ひろみさん、コメントありがとうございます!

      ひろみさんのお父さんは産婦人科医として満州にいらしたんですね。
      浅丘ルリ子さんをとりあげたなんてびっくりです。
      きっと誕生したときから美人さんになるってわかるほど
      美しいお顔だったのではないかしら?

      私の父は戦争の終わり頃に満州に通信兵として居たそうですが、
      母から聞いただけでその当時の話は直接聞いたことがありません。

      倉本聰さん脚本のドラマ「やすらぎの刻」を楽しみましょうね。

error: Content is protected !!