「この世界の片隅に」ドラマ方言指導と歌詞の全て!リン仕事と周平との別れ。

日曜ドラマ「この世界の片隅に」の方言指導が上手いのでしょう、すずも周平もとってもいい感じで方言を使っていますよね。実際広島弁は知らないので、広島呉の当時のネイティブが聞いたらなんていうのかしら?

そして「この世界の片隅に」挿入歌「山の向こうへ」の歌詞が気になります。気がつくと頭の中でメロディーがくるくるしています。優しい気持ちになる曲ですね。

それから遊女、リンの仕事が仕事だけに、周平がリンさんと結婚まで考えたけれど、周囲の反対があって、周平はリンさんと別れたのですね。そんなリンさんから、すずが偶然道を教えてもらうという出会いで知り合うとは、世の中狭いですね。

「この世界の片隅に」ドラマの方言指導は誰?

松坂桃李さんのツイートにありました!小豆畑さんていうかたですね。上の写真の真ん中の方が方言指導してくれているということで、なかなか素敵な方です。お芝居ができる方が方言指導されているのは良いですね~。

広島の言葉って気持ちがこもっていて優しく響いていいですね~。小さな幸せをたくさん積み重ねていく物語とともに私の心に残っていきます。すずさんの「へぇー」とか「ほう」も好きですよ。

広島弁ファンが増えそうです(^^)

劇中歌のわらべうた「山の向こうへ」の歌詞は?

作詞、作曲、歌

戦争中のお話なのにどこか穏やかなところがあるドラマです。歌が優しく響くからかもしれませんね。

  • 作詞はドラマ『この世界の片隅に』の脚本を手掛ける岡田惠和さん
  • 作曲編曲は久石譲さん
  • 歌はすず役の松本穂香さん

「山の向こうへ」を聴いていると、なんだかとっても優しい気持ちになります。しんみりしてきて涙が出そうになるけれど、心はあったかくなりますよね。

久石譲さんが音楽を担当したドラマ『この世界の片隅に』のオリジナルサウンドトラックは8月29日にリリースされます。「山の向こうへ」も収録されているので楽しみですね。ドラマでは1番しか歌っていないけれど、4番まであるそうです。

▼CD/TBS系 日曜劇場「この世界の片隅に」オリジナル・サウンドトラック/久石譲/UMCK-1606 [8/29発売]

歌詞

夜になった カラス
空になれぬ ウサギ

水になりたかったのに
野に咲く 花たちよ

あの山の向こうなにが
あるのだというのだろ

空を飛べる あなた
野山駆ける わたし

まだ見ぬ世界の丘に
誰とともに向かう

あの海の向こうきっと
大事な人がいる

ともに生きる 人に
何処にゆけば 会える

上る坂をはねのけて
下る坂を笑う

あの空の向こう どこか
二人の家がある

リンの仕事のせいで周平とお別れ!?

遊郭で働いていたリンさんだから、周平さんとは結婚することができなかったのですね。元々遊郭で働いていたからこそ周平さんと縁があって出会ったのだと思いますが・・・

真面目な周平さんもそういうところへ出入りする機会があったのですね。

リンさんのような一見可憐でいて力強い光を放っている女の人に惹かれる周平さんは見る目があるなぁ、と思いますが、やっぱり家族から反対はされますよね。

反対されたからこそすずと結婚する道を選んだのだから、人生は常に何かを選んで何かを選ばないで生きていくのです。そうやって自分の居場所を探していくのだと思います。自分の居場所があれば心が平静でいられるから。

リンさんの言った

この世界に居場所はそうそう無うなりゃせんよ

という言葉に力づけられます。だけどそう言ったリンさんの居場所は何処にあったのかしら?

過去の周平さんとの思い出の中がリンさんの居場所なのかもしれないと思うと、切ないですね。すずとリンさんに友情感情が芽生えているのに、周平さんと結婚できなかったリンさんと周平さんと結婚したすず。

スポンサーリンク

「この世界の片隅に」は漫画が原作!

漫画

  • こうの史代さんのマンガ「この世界の片隅に」(双葉社刊)。

太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すずが、嫁ぎ先の北條家で夫・周作らとともに暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく、家族の愛の物語。

映画


2016年11月12日に公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」 は、のんがすずの声を演じました。それ以来ずーっとどこかで上映しているなんて、ロングランな映画で凄い!

ドラマもあった!

2011年8月に日テレ終戦スペシャルドラマ「この世界の片隅に」が放送されました。主演は北川景子さん、リン役は優香さんでした。テレビで再放送されての良いのでは?とも思いますが、再放送はされませんでした。

北川景子さんがずず役を演じたドラマ「この世界の片隅に」は、なぜテレビで再放送されないのでしょう?それはきっと北條周作役に小出恵介周平さんが出演されているからではないかしら?

2017年に小出恵介さんは17歳の女子高生との飲酒、不適切な関係が報じられました。その後、小出恵介さんは所属していたアミューズとの契約終了となり、書類送検されました。小出恵介さんは現在芸能活動を休止、復帰の目途はたっていません。

関連記事:松坂桃李の行きつけ漫画喫茶はどこ?トーキングフルーツで告白!

この記事のおわりに

ドラマ「この世界の片隅に」の冒頭に現代の広島県呉市の上空からの街並みが映って綺麗でした。だけど今は大雨による災害で変わってしまった場所もあると思います。豊かな町並みが映像として残されていることにも時の流れを感じますよね。

ドラマを撮影しているときはまさかその後に大雨によって災害が起こるとは思ってもいませんでしたから。

唐突に感じる現代パートも物語が進むに連れて意味のあるものだと感じるような気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!